血液内科医が転職する理由

血液内科医が転職する理由

血液内科医が転職を検討する理由

血液内科医の仕事内容は重要ですが、仕事量に対して収入面が伴わない場合もあります。もし待遇に関して何らかの不満があれば職場を変える事も適切になりますが、その際には医師転職サイトを有効に活用すると希望に合った求人を見つける確率が高いです。

さらに年収が前職よりも多い勤務先であれば、意欲的に応募する事が可能になります。そこでサイトを検索する際には、収入面を重視すると良いです。その上に休暇面もある程度取る事ができれば、長期的に働ける目処が立ちやすくなります。

勤務時間が長い理由

血液内科医の求人は内科の中では最も少ないと言われ、転職を考える人も多くいます。

大学病院なども血液を専門とした医師不足により、縮小傾向が見られ、研修医も少ないために募集をかけても集まらない現状があります。働く時間のわりには年収もあがりにくく、さらに総合内科などの勉強をしなければキャリアアップも厳しくなっています。他の病院で昇進をして部長職などに就く事が出来れば、血液内科を立ち上げる可能性もあります。

血液内科医が転職するメリット

血液内科医の職を見直す際は、医師転職サイトから選ぶのが良いでしょう。

職を変えるときは、まず自分にとってどのようなメリットまたはデメリットがあるのかしっかり考えた上で活動しましょう。主に考えられるメリットとしては、年収アップです。同じ職種、業種でも、企業団体により給与が異なるので、給与が上がるケースが多いです。また勤務時間の条件についても調べておきましょう、そして同業種の求人も探せば意外と豊富にありますので、是非探してみてください。

血液内科医の平均年収

血液内科では、医師数は少ないので、どの病院でも必要とされる場合が多く、求人も転職情報で見かけることがかなりあるので、給与アップを望める可能性があります。血液内科の研修医は、研修終了後、大学に戻り研究に専念するケースが増えているので、若手医師でも今なら現場で活躍できるチャンスです。

20代、30代、40代の医師は平均年収800万円から2000万円位が相場です。一般内科医と比べて月10万円程違います。血液内科医になるためには、様々な条件をクリアする必要があるのです。参考:血液内科医師の年齢別に見る給与相場の違い

年収に不満なら転職も1つの選択肢

血液内科医として働いていて、自分の勤務内容と年収は一致していると思いますか。もしも一致していないと感じているのであれば、医師の転職を検討するのも選択肢の一つです。

血液内科の医者として働いているのならば、基本的に働く仕事内容はどの病院でも同じです。ですが給料には、仕事量が同じであっても違いが存在しているのです。そのためもしも自分の収入に満足していないのであれば、今よりも高い収入を得ることができる職場で働くということも選択肢の一つです。


あなたの希望にあった医師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。
腎臓内科医の20代、30代、40代の平均年収
腎臓内科医の20代、30代、40代の平均年収
呼吸器外科医が転職するメリット(年収アップ・勤務時間等)
呼吸器外科医が転職するメリット(年収アップ・勤務時間等)