【麻酔科医の平均年収】優秀な麻酔科医には病院側も高収入を提示するため、転職で給与アップが可能に

【麻酔科医の平均年収】優秀な麻酔科医には病院側も高収入を提示するため、転職で給与アップが可能に

麻酔科医の平均年収

麻酔科医の平均年収は1000万円から2000万円台というのが一般的です。

年齢が上がるにつれて給与も増加する傾向にあり、20代よりも30代、40代のほうがより多く収入を得られるようになっています。それ以上の待遇を望む場合は転職すると選択肢も一つの方法です。特に専門性の高い分野であること、近年人手不足の影響で病院や医療機関などの間で優秀な人材の取り合いが起こっていることなどから売り手市場の状況にあります。

これまでの経験やキャリアを生かしてよりよいポストや労働環境を求めて病院を移る方も多くいらっしゃいます。ほとんどのケースで収入のアップに成功しておりそれと同時にやりがいのある充実した職場環境を手に入れることに成功している方が増えてきています。病院側も魅力的な条件を提示して優秀な人材の確保に動いています。

外科手術に不可欠な存在の麻酔科医は転職しづらい傾向あり

麻酔科医は外科手術にはなくてはならない存在であり、チームとなって働くことが要求されてくるので他に転職するのはなかなか難しいといえます。

しかしキャリアを積みたいと思うなら、他の病院へ移るという選択肢もあるはずです。その場合当然のことながら、平均年収や給与のアップを目指しているはずです。

手術が難しければ難しいほど必要性を認識されますから、20代、30代、40代、50代と実績を積みながらキャリアアップしていくのは当然です。

専門サイトなどで人員募集の情報をくまなくキャッチして、迅速に対応できるように準備しておくことが大切です。引用元:麻酔科医の転職理由に多い年収への不満

フリーランスの麻酔科医になるのも給与アップの手段の1つ

麻酔科医の20代、30代、40代などの平均年収は1000万から2000万といわれています。

全国的に見ても不足している傾向にあり、求人も多いのが特徴です。この医師なくしては、手術などができなくなり、専門的な知識をもった重要な医師であり、どこの病院でも必要とされています。手術チームの一員であり、専門性が高いため、収入も高めの傾向があります。

フリーランスではさらに給与がよいこともあり、転職を視野にいれて考えてみることが希望の条件にあった待遇にする近道です。医師の求人情報はハローワークなどでは非公開求人になっていることも多く、斡旋所では見つかりにくいことがあります。専門のウェブサイトなどを活用すると、たくさんの求人のなかから見比べることでき、手軽に探すことができます。

同じ麻酔科医でも給与に大きな差

麻酔科医として働いているうちに、自分の収入が平均年収よりも下なのではないかと気になることがあります。同じ仕事内容および勤務時間の場合、納得できないこともありますので、まずは医師転職サイトをご覧になることをおすすめします。職場を変わることによって、収入アップを実現することができます。

サイトには、20代、30代、40代などの給与も記載されていますからとても参考になります。自分の収入と見比べて、より良い職場が見つかるように、サイトを有効活用することは、プライベートタイムを充実させるためにも大切なことです。


【麻酔科医の転職情報】手術に不可欠な麻酔科医は自分の実力に見合った給与をもらうべき
【麻酔科医の転職情報】手術に不可欠な麻酔科医は自分の実力に見合った給与をもらうべき
フリーランスという選択肢もある中、麻酔科医が転職する理由
フリーランスという選択肢もある中、麻酔科医が転職する理由