【脳神経外科医の年収】手術の多い医師の年収は外来の多い医者より低くなる?

【脳神経外科医の年収】手術の多い医師の年収は外来の多い医者より低くなる?

脳神経外科医の平均年収

脳神経外科医は脳外科領域の中でも脳血管疾患の急性期ケアを担当する診療科です。脳出血、くも膜下出血などの治療を行います。脳神経外科の平均年収は全国の医師の平均年収は1071万円(月給83万円、ボーナスなどの特別賞与72万円、労働時間172時間)前後といったところでしょうか。

ただ医師はアルバイトも大きな収益源となりますが、外科はアルバイトしずらいために勤務医のままだと激務、固定給のみという状況に陥りやすいそうです。 実際に全国の医療機関は医師転職サイトに依頼し、以下のような医師求人情報を公開し医者の募集をしています。

脳神経外科医の求人情報

東京都世田谷区の脳神経外科医求人

給与:年収1300万円~1800万円 業務内容:外来(週2.3コマ) 病棟管理 手術 病床数:100~200床

大阪府堺市の脳神経外科医求人

給与:年収1200万円~ 業務内容:外来 病棟管理 手術 病床数:200~500床

千葉県柏市の脳神経外科医求人

給与:年収1700万円~ 業務内容:外来 病棟管理 手術 病床数:95床

脳神経外科医の転職体験談

務めていた病院の組織変更でより高度医療と責任が求められるポジションに就く事がほぼ確定になりました。すでに当直やオンコール対応、緊急オペで家にいる時間がほとんど作れない状況でしたが、昇格によりさらに忙しくなることが予想されました。
9歳の娘と5歳の息子との時間をもっと大切にしたいし、もともと自分が住んでいる診療圏内で、子どもからお年寄りまで幅広く地域に貢献できる医療を、身体的にも無理なく長い目で続けていきたいと思っており、転職を考え始めるようになりました。
男性医師40歳 年収1200万円→1800万円 転職先 東京都

医局関連病院に勤務中に、他の先生がミスしたにも関わらず患者家族から異常とも言えるプレッシャーをかけられ、病院側から全く助けてもらえず、PTSDを患い、休職をよぎなくされました。 初期研修中、生きるか死ぬかの患者さんが、治療によって1ヵ月も経たないうちに元気になる姿を目の当たりにして、私もと目指した脳神経外科。
必死で努力して専門医の資格も取得しました。まだまだオペをはじめとした色々な事をやりたい。 最初は余裕を持たせてもらいながら、しっかり指導していただける病院に転職できればと考えました。
女性医師37歳 年収900万円→1200万円 転職先 埼玉県

前の職場では、入職当時脳外手術は年30件程、2年ほどで200件を超える症例増加に貢献してきました。しかし、病院の経営方針が手術を減らす方法に向かっており、年俸コントロール含め自身の動きにも制限がかけられたため、転職を考えました。
男性医師55歳 年収2000万円→2200万円 転職先 千葉県

脳神経外科医が転職する理由。もし転職をお考えの場合は、、、

医師が転職する理由はさまざまです。年収に対する不満、勤務時間を少なくしたい、開業の準備をしたい、キャリアアップしたい、人間関係に対する悩みはだれでも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。もし転職を少しでもお考えの方には、医師転職サイトの登録をおすすめしています。

医師転職サイトに登録すると、自分の年齢、専門のより細かい平均年収を調べることができるので、自分の今の年収か妥当かどうか確認することができます。 また、一般には公開されていない求人情報を全て閲覧できるようになるので、自分に該当する求人情報を探してみてください。登録して高収入の求人を検索してみてください!引用元:脳神経外科医なら転職サイトの活用で大幅な年収アップが望めます。


【皮膚科医の年収情報】医者の年収を調査
【皮膚科医の年収情報】医者の年収を調査
【精神科医の年収】医師の年収、転職について調査してみた
【精神科医の年収】医師の年収、転職について調査してみた