【産婦人科医の年収】医師の平均年収と比較してみた

【産婦人科医の年収】医師の平均年収と比較してみた

産婦人科医の平均年収

深刻な医師不足に悩まされる産婦人科医。分娩は深夜や早朝関係なくやってくるので、常にその準備をするため肉体的にも精神的にも疲労し退職するケースも多いそうです。産婦人科医の平均年収は公立病院で医長クラスになると年収1500万円程度になるということです。全国の医師の平均年収は1071万円(月給83万円、ボーナスなどの特別賞与72万円、労働時間172時間)ですので、そこまで行くと医師の平均給与以上にもらえることになります。

全国の医療機関は医師転職サイトに依頼し、以下のような医師求人情報を公開し医者の募集をしています

産婦人科医の求人情報

東京都八王子市の産婦人科医求人

給与:年収1000万円~ 業務内容:外来 手術 病床数:200~500床

神奈川県川崎市の産婦人科医求人

給与:年収1200万円~1600万円業務内容:外来 病棟管理 手術 病床数:200~500床

愛知県犬山市の産婦人科医求人

給与:年収1700万円~1800万円 業務内容:外来 病棟管理 手術 病床数:300床
参考:産婦人科医の年収相場は、1600万円〜1800万円

産婦人科医の転職体験談

家庭の事情(親の介護)により、24時間拘束勤務が困難となった為です。現在の年収が下がっても、当直・オンコール無しが絶対条件でした。また出来るだけ長期間継続して勤務できるクリニックを希望しました。
(女性医師48歳 年収万円1500→1400万円 転職先 神奈川県)

前職では医局の部長、副部長、私、の三名で産婦人科を担っており、オンコールや当直など特に私にかかる負担が大きかったため、転職を考え、婦人科やがん腫瘍の領域でのオペ症例数を維持できること、QOLをあげられること、が希望でした。
(男性医師36歳 年収1200万円→1300万円 転職先 北海道)

専門に進んでからは、無痛分娩に関して学びつづけ、無痛分娩は世間で思われているほど高リスクではなく、むしろ母体に負担をかける事無いという事を世の中に伝えていきたいと考えてきました。第一子を産んだ際に、「あまりにも痛かったらもう産みたくない」から「本当に楽だったから、また産みたい」と思ってもらえたら嬉しいじゃないですか。
ただ元の勤務地では、高齢の先生が多く、無痛分娩に限らず新しいものを取り入れていこうという姿勢が全く見られなかった。職場に活気がなく、最近腹腔鏡の専門医の先生も愛想尽かして辞めてしまいました。自分もこのままでは無痛分娩が充分にできず、レベルアップが望めないので、転職を考えるようになったんです。
(女性医師39歳 年収1800万円→2500万円 転職先 東京都)

産婦人科医が転職する理由。もし転職をお考えの場合は、、、

医師が転職する理由はさまざまです。年収に対する不満、勤務時間を少なくしたい、開業の準備をしたい、キャリアアップしたい、人間関係に対する悩みはだれでも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。もし転職を少しでもお考えの方には、医師転職サイトの登録をおすすめしています。

医師転職サイトに登録すると、自分の年齢、専門のより細かい平均年収を調べることができるので、自分の今の年収か妥当かどうか確認することができます。

また、一般には公開されていない求人情報を全て閲覧できるようになるので、自分に該当する求人情報を探してみてください。とくにエムスリーキャリアエージェントには、産婦人科の求人も多く有りますので、チェックしてみてください

エムスリーキャリアエージェントの非公開求人

エムスリーキャリアエージェント

「エムスリーキャリア」に登録すべき、5つの理由

エムスリーキャリアエージェント
登録はこちらから (無料・1分で完了) 

あなたの希望にあった医師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。
【小児科医の年収】医師の年収は軽く1000万越え?
【小児科医の年収】医師の年収は軽く1000万越え?
【麻酔科医の年収】医師の年収、調べてみました
【麻酔科医の年収】医師の年収、調べてみました