【泌尿器科医の年収】全国の医師の平均年収と比較してみた


泌尿器科医の平均年収

腎臓、臓器の治療を専門とする泌尿器科医。泌尿器科医の年収は全国の医師の平均年収は1071万円(月給83万円、ボーナスなどの特別賞与72万円、労働時間172時間)と同じくらいで、年収1000万といったところでしょうか。ただ、常勤の仕事に加え、アルバイトを行うことによりより高収入を得ることができます。

全国の医療機関は医師転職サイトに依頼し、以下のような医師求人情報を公開し医者の募集をしています。

泌尿器科医の求人情報

埼玉県大宮市の泌尿器科医求人

給与:年収1000万円~1200万円 業務内容:外来 病床数:200~500床

静岡県静岡市の泌尿器科医求人

給与:年収1200万円~1500万円 業務内容:外来 病棟管理 病床数:250床

千葉県千葉市の泌尿器科医求人

給与:年収1000万円~2000万円 業務内容:泌尿器科外来 病棟管理 病床数:200~500床

泌尿器科医の転職体験談

泌尿器科の医師として勤務していましたが、その間にもアルバイトの求人を探すために転職エージェントを利用していました。39歳の時に子供が生まれたので、ちょっと落ち着いて勤務するようにしたいと考えて転職エージェントを再度利用しました。コンサルタントに、時間的拘束が少なくて、家から近い求人を探してほしいとお願いしたら、すぐに紹介してくれました。
男性医師42歳 年収1200万円→1400万円 転職先 神奈川県

急性期病院で働いておりましたが、非常に勤務が過酷であり、もう少しゆったりとした勤務を希望していました。また、元々東京出身であったことや、医局に対してのお礼奉公も終わったので、そろそろ良いかなと思い、転職しようと思いました。
男性医師40歳 年収1200万円→1800万円 転職先 千葉県

医局派遣先の公立病院で働いていましたが、2年前にヘルニアを患い手術を受けてからは中腰姿勢が続くとかなり辛い状況でした。勤めていた病院では副医長として大きなオペも多く手がけていて、自分の身体の状態を考えると、このまま働き続けることは難しく、転職を考えました。 また、医局派遣で数年単位での異動がある点も不満でした。子どもが3人いて、当時の給与1,300万円前後ではやや不安もあり、給与のアップも必要でした。
男性医師34歳 年収1300万円→1500万円 転職先 栃木県
引用元:求人情報から紐解く、現在の医師需要

泌尿器科医が転職する理由。もし転職をお考えの場合は、、、

医師が転職する理由はさまざまです。年収に対する不満、勤務時間を少なくしたい、開業の準備をしたい、キャリアアップしたい、人間関係に対する悩みはだれでも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。もし転職を少しでもお考えの方には、医師転職サイトの登録をおすすめしています。

医師転職サイトに登録すると、自分の年齢、専門のより細かい平均年収を調べることができるので、自分の今の年収か妥当かどうか確認することができます。 また、一般には公開されていない求人情報を全て閲覧できるようになるので、自分に該当する求人情報を探してみてください。登録して高収入の求人を検索してみてください!

あなたの希望にあった医師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。