【老人内科医の年収】高齢者に欠かせない医師の平均年収

【老人内科医の年収】高齢者に欠かせない医師の平均年収

老人内科医の平均年収

老人内科は主に65歳以上の高齢者を対象とする診療科目で、加齢による生理機能の低下による症例、生活習慣病の治療を行います。さらに高齢者のクオリティ・オブ・ライフにも配慮が必要です。今後高齢者人口の増加に伴い、ますます求人が増加していくと予想される診療科です。

年収に関して、他の専門医より低いと考えた方が妥当でしょう。ちなみに全国の医師の平均年収は1071万円(月給83万円、ボーナスなどの特別賞与72万円、労働時間172時間)です。勤務条件や勤務時間面などの融通性が高い求人案件が多く、体力面や家庭の事情など、無理のない範囲で働きたいという先生が老人内科に転科するケースも多くみられます。

全国の医療機関は医師転職サイトに依頼し、以下のような医師求人情報を公開し医者の募集をしています。参考:年齢別にみる、老人内科医の平均年収と勤務内容

老人内科医の求人情報

福岡県福岡市の老人内科医求人

給与:年収1400万円~1600万円 業務内容:外来 内科全般 病床数:50~100床

神奈川県横浜市の老人内科医求人

給与:年収1200万円~1400万円 業務内容:外来 病棟管理 検査 病床数:220床

愛知県名古屋市の老人内科医求人

給与:年収1000万円~1200万円 業務内容:外来 病床数:床

老人内科医の転職体験談

老人医療に携わりたかったためです。今まで、医局の人事でいくつかの病院を回り、外科医として多くの症例を積んできました。
ただ、このまま外科医として勤務し続けると、頭でっかちになってしまうと思い、今後の高齢化を見据えて老人医療の勉強をしたく前病院に就職しました。 ただ、その医療機関では、だんだんと老人内科よりも外科的な対応をするように求められるようになりました。
最初は協力していたのですが、日に日にエスカレートしてきて、最終的には一切、老人内科の仕事に携われなくなってしまいました。 そんな時に大学医局時代の友人に医師紹介業があると聞き、転職を決意しました。
男性医師43歳 年収1800万円→1500万円 転職先 愛知県

公立病院を定年で退職後、札幌市内の健診センターで勤務してきました。しかし、昨年がんを患い、抗がん剤の治療による副作用で難聴になってしまいました。健診業務中に患者さんの声が聞こえないことも増え、このままではセンターに迷惑をかけてしまうと思い転職を考えました。
男性医師60歳 年収1200万円→1300万円 転職先 北海道

内科の医師として大学の医局で医療に携わっていました。転職前から結婚もしていて子供が一人いました。二人目の出産を考えたときに、前職の忙しさでは身体が持たないと思って転職を考え、手始めに転職エージェントの利用を始めました。
男性医師35歳 年収1200万円→1400万円 転職先 茨城県

老人内科医が転職する理由。もし転職をお考えの場合は、、、

医師が転職する理由はさまざまです。年収に対する不満、勤務時間を少なくしたい、開業の準備をしたい、キャリアアップしたい、人間関係に対する悩みはだれでも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。もし転職を少しでもお考えの方には、医師転職サイトの登録をおすすめしています。

医師転職サイトに登録すると、自分の年齢、専門のより細かい平均年収を調べることができるので、自分の今の年収か妥当かどうか確認することができます。

また、一般には公開されていない求人情報を全て閲覧できるようになるので、自分に該当する求人情報を探してみてください。登録して高収入の求人を検索してみてください!


あなたの希望にあった医師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。
【泌尿器科医の年収】全国の医師の平均年収と比較してみた
【泌尿器科医の年収】全国の医師の平均年収と比較してみた
【人間ドッグ・検診医の平均年収】女性医師の多い科目の給料・年収
【人間ドッグ・検診医の平均年収】女性医師の多い科目の給料・年収