【腎臓内科医の年収】医師の平均年収と比べてみた

【腎臓内科医の年収】医師の平均年収と比べてみた

腎臓内科医の平均年収

腎臓に関わる病気を診断、治療する腎臓内科医。腎臓内科ではおもに慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全などが中心です。その腎臓内科医の平均年収は年収1000万円が相場でしょうか。全国の医師の平均年収は1071万円(月給83万円、ボーナスなどの特別賞与72万円、労働時間172時間)とほとんど変わりません。

内科医に限らず医者の給料は勤務医の場合年収1200~1500万円程度ですが、大学病院に長く勤務していると、1000万円に届かないケースもあるそうです。 全国の医療機関は医師転職サイトに依頼し、以下のような医師求人情報を公開し医者の募集をしています。

腎臓内科医の求人情報

東京都港区の腎臓内科医求人

給与:年収1400万円~1600万円 業務内容:外来 病棟管理 病床数:100~200床

東京都調布市の腎臓内科医求人(クリニック)

給与:年収1600万円~1700万円 業務内容:外来 病床数:0床

神奈川県川崎市の腎臓内科医求人

給与:年収1400万円~1600万円 業務内容:外来 病棟管理 病床数:200~500床

腎臓内科医の転職体験談

元の職場は、女性の先生が多く、彼女たちの定時帰宅後の患者処置を対応してきました。それが不満ということではなく、自分なりに病院に貢献しているつもりでした。しかし、内科認定医取得を希望し、病院に外への研修を申し出たところ、「出来るわけがない」「どうしても、というなら考えてやる」という言葉が返ってきて、大変ショックを受けました。
それ以外の点では、透析医療において非常にスキルアップできるなど、本当によい環境でしたが、本部の対応のあまりの冷たさに、将来性を考えるといつまでもこの法人で働くことはできないと判断しました。持ちつ持たれつの関係が無い事に転職を決意した次第です。
男性医師39歳 年収1300万円→1600万円 転職先 奈良県

医局派遣先の勤務条件への不満(拘束時間の割に給与が低く、休みが取れない)がたまってきたこと、もう学べることがなくなったことに加えて、親との同居が決まり帰郷することになったため、転職を決めました
男性医師33歳 年収1200万円→1700万円 転職先 神奈川県

腎臓内科・透析分野に関心があり、経験を積んで専門医を取得したいという希望がありました。しかし、当時所属していた医局は総合内科としてのスキルアップを重視しており、専門に特化した診療ができず、腎臓学会・透析医学会の認定施設へ転職を希望するようになりました。
男性医師33歳 年収1500万円→1200万円 転職先 福岡県

腎臓内科医が転職する理由。もし転職をお考えの場合は、、、

医師が転職する理由はさまざまです。年収に対する不満、勤務時間を少なくしたい、開業の準備をしたい、キャリアアップしたい、人間関係に対する悩みはだれでも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。もし転職を少しでもお考えの方には、医師転職サイトの登録をおすすめしています。

医師転職サイトに登録すると、自分の年齢、専門のより細かい平均年収を調べることができるので、自分の今の年収か妥当かどうか確認することができます。 また、一般には公開されていない求人情報を全て閲覧できるようになるので、自分に該当する求人情報を探してみてください。登録して高収入の求人を検索してみてください!


【人間ドッグ・検診医の平均年収】女性医師の多い科目の給料・年収
【人間ドッグ・検診医の平均年収】女性医師の多い科目の給料・年収
【内分泌内科医の年収】医師の平均年収、求人情報を公開
【内分泌内科医の年収】医師の平均年収、求人情報を公開