【血液内科医の年収】内科医の年収事情とは

【血液内科医の年収】内科医の年収事情とは

血液内科医の平均年収

血液や骨髄、リンパ腺の疾患を担当するのが血液内科医です。血液内科医の年収は他の内科と変わらず全国の医師の平均年収1071万円(月給83万円、ボーナスなどの特別賞与72万円、労働時間172時間)程度となっています。実際に全国の医療機関は、医師転職サイトに依頼し、以下のような医師求人情報を公開し医者の募集をしています。

血液内科医の求人情報

静岡県の血液内科医求人

給与:年収1300万円~2000万円
業務内容:外来・病棟管理
引用求人サイト:医師転職ドットコム

医師転職ドットコム 求人

福島県会津若松市の血液内科医求人

給与:年収1000万円~2000万円
業務内容:当直あり
引用求人サイト:リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア 求人

東京都港区の血液内科医求人

給与:年収1500万円~応相談
業務内容:外来・病棟管理
引用求人サイト:エムスリーキャリアエージェント

m3 求人

血液内科医の転職体験談

前職では医局員として、東北にある大学の関連病院で勤務をしていました。 家族は札幌、自分は東北という単身赴任暮らしが続いていたため、医局から離れ、家族と一緒に住みたいと考えました。 また、これまで血液内科医として働いてきましたが、血液内科とも関わりが強い緩和ケアに興味があり、ゆくゆくは専門医の取得を考えていました。ただ、全く血液内科医としての仕事が出来なくなることにも寂しさを感じておりましたので、両方に携われる転職先を考えていました。
(男性医師41歳 年収1200万円→1500万円 転職先 山形県)

長らく海外留学にて研究職として勤務していましたが、開業医の父が亡くなり、母と暮らすため地元に帰る決断をしました。しかし、臨床経験が少なく医院の継承は現実的ではないため、閉院し、臨床に戻ろうと考えました。
(女性医師46歳 年収450万円→1300万円 転職先 宮崎県)

希望に合わない医局人事と家族の事情です。 大学の血液内科に在籍し、血液内科という専門性の高い分野に携わってきました。 専門性を追求するには、大学に在籍することが一番であると考えていましたので大学の人事を離れるということは、まったく想定していませんでしたが、急遽異動の話が浮上し、血液内科としての専門性を追求できるような施設ではないところへの派遣が突きつけられました。自分としては納得のいかない人事であったため上司への不信感を強く抱くようになりました。ちょうど、子どもが中学受験に差し掛かる時期であり、妻から都内への転居を迫られていたこともあり、大学を離れ転職することも選択肢として考えてみようと思い活動を開始しました。
(男性医師46歳 年収1400万円→1800万円 転職先 東京都)

血液内科医が転職する理由。もし転職をお考えの場合は、、、

医師が転職する理由はさまざまです。年収に対する不満、勤務時間を少なくしたい、開業の準備をしたい、キャリアアップしたい、人間関係に対する悩みはだれでも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。もし転職を少しでもお考えの方には、医師転職サイトの登録をおすすめしています。

医師転職サイトに登録すると、自分の年齢、専門のより細かい平均年収を調べることができるので、自分の今の年収か妥当かどうか確認することができます。また、一般には公開されていない求人情報を全て閲覧できるようになるので、自分に該当する求人情報を探してみてください。登録して高収入の求人を検索してみてください!

あなたの希望にあった医師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。
【形成外科医の年収】火傷などの専門医の年収
【形成外科医の年収】火傷などの専門医の年収
【呼吸器外科医の年収】肺、気管支専門の医師の平均年収
【呼吸器外科医の年収】肺、気管支専門の医師の平均年収