セクハラ・パワハラのブラック門前薬局からの転職成功談


最初にあの薬局に就職したのは、大手の薬局で、研修制度が充実していて、調剤過誤防止のシステムに力を入れていたからです。薬剤師として一番怖いのは、薬を間違えることだったので、それが1番でした。また、大きな病院の門前に薬局があるので、たくさんの科の処方箋がこれば、たくさんの科の薬の勉強ができると思ったからです。

就職してみて、期待していたことは当たっていました。ですが、違うところに不満がありました。会社が悪いのではなく、私は勤務していた店がハズレだったのだと思うのですが。 まず、会社としては残業代がもらえることになっているのですが、薬局長が残業代をつけさせてくれませんでした。残業代をつけると、薬局長の成績が下がるようです。また、薬局長は残業代をもらえない立場なので、部下が残業代をもらうのが許せなかったようです。

また、忙しいお店だったのですが、お昼休みがもらえない日が多かったです。お昼ご飯を食べないまま、サービス残業をしていることも多かったです。当然、体調を崩しました。 また、セクハラ、パワハラもありました。なぜか男性の薬局長が上半身裸だったり、そのまま日焼けクリームを背中に塗らされたり、飲み会で腕にかみつかれたり、帰り道に立小便していたり。嫌でした。

働いていると以外と気付きませんが、自分の職場がブラックなんて事もありますのでこの機会に自分と職場の関係を見つめ直そうと思いました。結局その後、3年弱我慢して、仕事を辞めました。我慢していたのは、辞めようとすると、猶更、パワハラ、セクハラがひどくなることが想像できたので、怖くて辞められず、タイミングを考えていました。

給料は、月収24万くらい、ボーナスは30万くらいを年2回でした。上司からのセクハラだったので、相談できる人は近くにはいませんでした。もっと上に相談するにしても、告げ口するともっとセクハラがひどくなると思い、怖くてできませんでした。また、本部の人は、新人の私の話より、セクハラ上司の話を信じるようだったので、おそらく、相談しても信じてもらえなかったと思います。

同期は私より先に辞めてしまいました。今は、男性薬剤師がいない職場なので、セクハラはありません。転職するときは、ハローワークを自分で見て探したので、エージェントは使いませんでした。エージェントで探したこともあるのですが、薬剤師の紹介料はかなり高いようで、薬局に断られるとともあるようです。個人的に面接を受ければ、断られることはまずないのですが。

薬局は薬剤師の人数が少なく、人間関係が難しいようです。薬剤師は足りていないお店が多く、サービス残業も長く、有給もとれず、葬式や通夜にも行くのが難しい状態なので、皆、精神的にも余裕がなく、人間関係は壊れやすいのだと思います。

あなたの希望にあった薬剤師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。