診療科目別の医師転職情報。放射線科医の仕事内容の特徴をご紹介


放射線科医の仕事内容①

放射線科医は画像診断等のスキルが高ければ、病院のなかでかなり重宝される存在となるのは違い無いです。仕事の内容は、CTやMRIの診断がメインです。様々な診療科とかかわりながら、患部の画像をチェックしていきます。

年収アップを実現したいので、医師転職サイトを使ってみることを検討すると良いです。勤務時間について相談に乗ってくれる病院に移ることを検討することも、一つの選択肢ですし、ある程度の経験があれば、多くの求人に応募できます。

放射線科医の仕事内容②

放射線科医の勤務内容は大きく分けて3種類あります。画像データを読み主治医に報告する読影医、IVRといったカテーテル治療を行う医師、放射線治療に伴い治療コースを決定する放射線治療医があります。

この3種類では年収も大きく異なっており、勤務先の病院の大きさや業務内容の多さによっても大きく差が出てくるのが特徴です。現在では人材紹介会社が管理する転職サイトも多くあり、面接でのコツや病院との賃金交渉などもしてくれるのが特徴ですので使わない手はないです。

放射線科医の仕事内容③

放射線科医の勤務内容は、CTスキャンなどを使った「画像診断」や、患者への負担が少ない低侵襲治療の1つである「IVR」の業務、そしてガン治療で知られる「放射線治療」の主に3つです。

また放射線科の医師には高い専門性が求められるため、そのぶん高い年収が期待できるといわれています。なので収入アップへの近道には、開業資金のかかる開業医を目指すよりも、収入面で優遇される民間病院や過疎地の病院などへの転職も選択肢としてあると言えるでしょう。参考:放射線科医の主な勤務内容と給与

あなたの希望にあった医師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。