眼科医の20代、30代、40代の平均年収を公開。開業医との年収比較もしました

眼科医の20代、30代、40代の平均年収を公開。開業医との年収比較もしました

眼科医の年代別平均収入

眼科医の平均年収を年代別に分けると、20代の大学病院の勤務医は450万円、市民病院の勤務医は700万円になります。30代から40代の大学病院の勤務医は750万円、市民病院の勤務医は1000万円を少し超えるぐらいの金額になります。それから、50代以上の大学病院の勤務医は1000万円台、市民病院の勤務医は1000万円台後半以上の金額になります。

眼科医の20代30代40代の各世代ごとの平均年収を知っているでしょうか。人によっては、自分の収入が平均より低いことにショックを受けるかもしれません。平均より低いということは、給与アップさせることができる可能性があるということでもあります。
こちらに医師のものではございますが、年代別の平均年収のグラフがあるのでそちらとも比較してみてください。

平均年収 表

引用:http://careergarden.jp/

大学病院の医局勤めと市民病院勤めでは給与にかなりの差が出ているので、市民病院への転職も一つの選択肢になっています。

開業医と勤務医の平均年収の比較

個人開業を行っている眼科医は、年間収入が約3500万円と高額です。しかし、開業は、大きなリスクとコストが伴います。そのため、大学病院や市民病院の医師として勤務する方が多いです。市民病院で従事する場合の平均年収は、20代の勤務開始時が600万円から800万円、30代が約1000万円、40代以降が1500万円から2000万円となっていますが、大学病院の場合には、各年代において半額の給与が平均となっています。

開業には、勤務医として働く中でスキルアップと資金づくりを行う必要があり、収入アップを目的に転職を行う医師のためのサポートを行い、勤務医の充実化を推進するサイトも豊富に運営されています。

眼科医が転職をする理由は?

眼科医の方が転職を行う理由は様々ではありますが、理由の中でも多くあげられているのがやはり、収入を増やしたい、スキルアップをしたい、勤務時間を少し減らして家族との時間が欲しい、職場の人間と上手くコミュニケーションが取れない等が挙げられます。
これは全然わがままな事ではありません至極当たり前の事なのです。

もしもこれらの悩みがあるのであれば、転職を検討することも選択肢の一つです。今よりも給料がいい職場で働くことによって、同じ仕事内容のままで収入をアップさせることも可能なのです。医者が抱える多くの不満は年収に対するものが多い

求人案件の例

求人の案件はこのようなものがあります、こちらの一例をご覧下さい。

東京都の眼科医求人

給与:週5勤務 1500万
業務内容:外来検診
求人サイト:医師転職ドットコム

医師転職ドットコム 求人

埼玉県の眼科医求人

給与:1600万円から2500万円
業務内容:外来・手術
求人サイト:M3キャリアエージェント

m3 求人

こちらに挙げたもの以外にも求人案件はたくさんございます。サイトによっては非公開求人などもありますので一度そちらの転職サイトも見てみてはいかがでしょうか?

医師転職サイトを利用し、仕事量が同じでより給与が良い病院へ転職

転職に期待できることは、現場の仕事量と給与の問題です。眼科医の20代・30代・40代で平均年収で考えると約手取りで35万円ほどです。

大抵、どの病院で勤務しても仕事量は殆ど変わりませんが、病院によってはそれ以上の報酬をいただけるところもあります。当然、同じ仕事量、またはもっと楽に働ける病院で収入アップできるメリットがあればそこで新たに働くことを考慮すべきです。病院側の経営によって医者も給料は異なりますのでサイト等でよく調べて、良い条件の病院を検討することがオススメです。

そして最近の転職エージェントは仕事が忙しくて転職なんてする時間がないと思っている方でもあなたの空いている時間などに専任のスタッフがサポートしてくれるので御安心下さい。
あなたにピッタリの求人があるといですね。


【眼科医の転職情報】職場以外のアルバイトをするよりも高待遇の病院へ転職のほうが良いです
【眼科医の転職情報】職場以外のアルバイトをするよりも高待遇の病院へ転職のほうが良いです
眼科医転職の成功のポイントは医師転職サイトを活用し希望の収入、勤務地などの条件を指定するだけ
眼科医転職の成功のポイントは医師転職サイトを活用し希望の収入、勤務地などの条件を指定するだけ