皮膚科医の20代、30代、40代の平均年収を公開。勤務医、美容皮膚科医の年収もご紹介

皮膚科医の20代、30代、40代の平均年収を公開。勤務医、美容皮膚科医の年収もご紹介

皮膚科医平均年収

皮膚科医の平均年収は1000万円から1200万円ほどになります。20代、30代、40代と年代が上がっていくほど平均の所得が増えています。、これは年代が上がるほど自身で開業している人が多くなってることもまります。開業だけでなく病院によっても給与は異なっているので退職して新しい病院を探している医師も少なくないでしょう。年齢別にみる、皮膚科医の平均給与と勤務内容

新しい病院に移る際はしっかり引き継ぎをすることも大切ですし、現在では医師の求人を専門に取り扱っている求人サイトなどもあるので、そのような求人サイトを活用することも転職をスムーズに進める方法の一つです。

皮膚科医で、勤務医の場合の年代別平均年収

皮膚科医の平均年収は約一千数千万円です。そもそも勤務医なのか、開業医なのか、ということによってかなり違うのですが、給与ですから、基本的には勤務医であると想定しておきます。20代ではもう少し下がって約五十万円になりますが、30代で百万円、40代以降は人によってだいぶ違うものになります。

言うまでもありませんが、ボーナスが入っていませんから、そこにボーナスが加わるわけですから、それで約一千万万円くらいになるわけです。二十代ではさすがにそんなに高くはないのですが、年齢が上がれば、キャリアも上がり、そして収入もよくなります。

ちなみに医者というは、意外と転職をしますから、職場を変えることによって収入を上げる、というのもよくあることです。ですから、一概にはいえないのですが、それでも高給ではあります。

美容皮膚科医の平均年収

皮膚科医は開業医のほうが多く、平均年収も開業医になれば高額になります。勤務医から開業医に転職をする医師も多いです。特に美容皮膚科であれば、かなりの給与を見込むことが可能となっています。キャリアを重視するということがあるので、20代や30代よりも40代のほうが高額な収入を見込むことが出来ます。

美容皮膚科の場合には、1000万円から1300万円が妥当であり、一般の皮膚科であれば、週5日勤務で1000万円程度、美容外科に勤務をするともなると、収入はさらにあがり、1400万円から2200万円程度となっています。クリニック勤務の場合には、患者によって処置に時間もかかってしまうことが多いので、残業が必然的に多くなってしまうという傾向があるので、そのあたりのことも考慮をすると良いです。

皮膚科医の平均年収と自分の年収を比較

皮膚科医として働いていて自分の給与の状況に不満があるのであれば、平均と比較してみるということも大切なことになります。20代30代40代の平均年収と比較して、自分の給料が低い場合には、自分は平均よりも安い給料で働いているということになります。

もしも平均と比較して、給料の状況に不満があるのであれば、転職を検討するという選択肢もあります。今の職場の収入が悪いという場合であっても、職場を変えることによって平均を上回る収入を得ることも可能なのです。もちろん給料だけで職場を選ぶのではなく、職場の環境も考慮して仕事を選ぶことも大切です。


【医師の転職情報】美容外科医の職場環境、仕事内容と高収入な理由
【医師の転職情報】美容外科医の職場環境、仕事内容と高収入な理由
【皮膚科医が転職する理由】皮膚科医の給料事情、平均年収はいくらか
【皮膚科医が転職する理由】皮膚科医の給料事情、平均年収はいくらか