【神経内科医の年収】今の収入が仕事内容、経歴に相応しいかを医師転職サイトで確認できます

【神経内科医の年収】今の収入が仕事内容、経歴に相応しいかを医師転職サイトで確認できます

簡単な年収アップの方法は転職

転職を考えていても、職場が変わるだけで何の変化もないと思っている人もいます。ですが職場が変われば、働き方にも様々な変化が生まれるのです。例えば神経内科医として大学病院で働いているのであれば、別の職場に異動することによって年収をアップさせることも可能なのです。

本当に収入が上がるのか疑問に思っているのであれば、まずは求人サイト活用してを募集情報を見てみることも大切なことになります。実際に情報を見てみることによって、職場の違いによる収入の差について知るほどができます。

職場を変えることによってどのような変化があるのか理解できたら、自分がどのような職場で働いていきたのか考えることが大切なことなります。そして自分が働きたい環境を考慮したうえで、医師の職場探しを行っていくことが大切なのです。

研修終了後、転職で年収大幅アップ

昔は医学部を卒業して研修医としての2年間の臨床修業期間は無給に近いものでした。2004年の臨床研修の制度が大幅に変更されたことで、平均して300万円~400万円の年収はもらえるようになりました。

2年間の修業を積んだドクターの卵たちは、新臨床研修制度の導入で大学病院の医局が激減したため本来医局に希望していた人も市中病院で勤務を勤めるドクターが増えました。大学医局を中心として、地域の病院と連携することで成立していた医療システムは崩れたのです。

したがって、研修時点から選択の自由度が高まり、労働条件の良い病院に就職するようになりました。神経内科医として、研修を終え600万円から800万円くらいからスタートし、医師転職サイトなどの求人登録で部課長クラスなどの誘いで1500万円で雇用されていいく道もあります。

自分の今の収入が仕事内容、経歴に妥当か確認

神経内科医として働いていて、職場を変えたことによって年収が上がったという噂を聞いたことがあるという人もいるかもしれません。もしもそのような噂を耳にしたのであれば、噂だと決めつけるのではなく、噂の真相について考えるということも大切なことになります。

例えば医師転職サイトを活用して、同業者の収入状況を知るということも必要なことです。収入を知ることによって、自分の今の収入は多いのか少ないのか知ることにつながのです。

自分の状況把握することによって、もしも平均を下回っているのであれば、その場合には職場を変えることで、収入をアップさせることができる可能性もあります。このように噂というのは、まったく信憑性がないというわけではなく、何らかの根拠があるからこそ噂になる場合も多くあるのです。興味があれば、求人を探してみるのも選択肢の一つです。神経内科医がキャリアを考えた転職を行うなら転職サイトの活用が重要


あなたの希望にあった医師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。
循環器内科医が転職するメリット(年収アップ・勤務時間等)
循環器内科医が転職するメリット(年収アップ・勤務時間等)
医師の転職情報。神経内科医の20代、30代、40代の平均年収を公開
医師の転職情報。神経内科医の20代、30代、40代の平均年収を公開