産婦人科医の平均年収は1600万から2000万。大学病院に残ると給与アップは見込めず

産婦人科医の平均年収は1600万から2000万。大学病院に残ると給与アップは見込めず

産婦人科医は全国で不足傾向

産婦人科医の多くは、卒業大学の大学病院や縁故関係にある中核医療機関に勤務しています。勤務医として病院で経験を積んだ後に、開業医として独立・転職するケースも多いです。開業医は、勤務医よりも年収が高く、医療人としての志や治療方針を自らが定めたもとで、医療に専念できます。

産婦人科専門の医師は、全国各地域で不足傾向にあります。
こちらが産婦人科専門医師の減少を表した図でございます。

平均年収 表

引用:http://obgy.typepad.jp/blog/

産婦人科医は24時間体制の診療環境・設備を整えておく必要があり、業務内容は大変ハードです。妊娠から出産までの期間のサポートはもちろん、少子化対策のための医療や各種研究による医療の向上にも取り組んでおり、需要が高まっています。

大学病院での勤務は年収に不満を持ちやすい

産婦人科医は女性の出産にとって大切な存在です。しかし、医師であっても人間ですから患者さんのことを大事に考えてはいても、自分の生活に必要なことであれば転職を考えなければなりません。大学病院に勤め、患者さんを受け持っていたとしても、もし、その年収に不満をもっていたり、職場を変えたい理由があるのなら、それはそちらを優先してもしかたがないことなのです。今の収入はこの先、上がっていく可能性は少ないです。なぜなら医者の多くは年俸制で、働き始めた収入が上がっていくことはあまりないからです。

ですから、今の職場に不満があるなら、早めに求人サイトに登録して、募集条件を見てみた方がよいです。新たな職場はそう簡単に見つかるものではありません。しかし、それはチャレンジしてみる価値のあることなのです。

どの医療機関も産婦人科医を積極的に募集

人材確保のために医療設備及び労働環境の充実化に尽力している医療機関が多く、医療人の求人・募集を積極的に進めています。

住居設備を提供している機関も多く、自分の嗜好や子育てなど目的に合わせて、勤務地を選ぶことができます。

産婦人科医として給与を基準以下から転職を考えることが大切で、今の生活レベルを簡単にアップできます。前に働いていた医院の給与を目安にアップするので年収が高くなります。求人募集もたくさんあり、希望の職場を見つけることができる大学病院は待遇面に優れており、医師として技術レベルの高いキャリアを積めるので重宝します。引用:求人情報から読み取る、診療科目別の医師需要

産婦人科医の平均年収は1600万から2000万

産婦人科医の転職が多い点としては、少子化に伴う仕事量の減少が第1にあげられます。もちろんそうなれば同じ職業なのに内科や外科と比べて給料が落ちることになります。多少勉強しなおしたとしても今の職を辞めて、別の医師になる方が自分の為になると考える方が多いのです。

その平均年収は、1600~2000万円といったところですが、これは美容整形外科医に比べると2000万円ほど少なくなります。仕事がスケジュール通りにいく仕事でもないのでいつも気を張っていなければなりませんし、死を見ることも一番多い職業になるのです。つまり、メリットよりもデメリットの方が多いと感じてしまう人も多いのです。

しかし、最近では女性の助産師さんがいる病院が良いとの声もあり、大学病院なども求人募集を出してきています。

年末年始や夏季休暇などもあり、しっかり休みが取れるのもメリットです。退職金制度もある職場もあり、仕事を辞めた後も安心です。医療設備も充実しているので働きながら最新の技術を身につけることが可能です。赴任時の引越し手当を負担してくれる所もあり便利です。実績査定があり、正確に能力を判断してくれる体制を整えている所では、高収入を確保できるので人気の職場です。


【産婦人科医の転職情報】産婦人科医の20代、30代、40代の平均年収をご紹介
【産婦人科医の転職情報】産婦人科医の20代、30代、40代の平均年収をご紹介
放射線科医の年収情報。20代、30代、40代の平均年収を公開
放射線科医の年収情報。20代、30代、40代の平均年収を公開