消化器内科医が転職する理由で1番多いのは、仕事内容と年収の不釣り合い

消化器内科医が転職する理由で1番多いのは、仕事内容と年収の不釣り合い

消化器内科医が転職を検討する理由①

消化器内科医が転職を検討する場合には、どのような理由が存在していると思いますか。実はその理由の一つに、年収をアップさせるという目的が存在しているのです。

同じ医師としての仕事であれば、職場を変更したとしても収入には変わりがないと思っている人もいるかもしれません。ですが大学病院で働いているのであれば、実は平均よりも収入が低いのです。

つまり職を変更するだけで収入をさせることは可能になるのです。実際に求人を探す場合には、様々な視点から募集条件を比較して、自分に合っている職場を選ぶということが大切なことになります。

消化器内科医が転職を検討する理由②

消化器内科医が辞職を考える理由として、最も多く挙げられているのは、年収と仕事内容が妥当ではないと感じられた時です。そのような場合には、医師の転職活動をサポートするサイトをご覧になり、全国の求人情報をすみずみまで確認することが大切です。

大学病院やクリニック、研究機関など、さまざまな募集先を見つけることができますので、とても便利です。

また、サイトには、気になる収入や勤務時間について掲載されていますから、自分の適性を考慮しながら、より良い職場を探すことが可能です。収入や勤務時間を選択できますので、余裕のあるプライベートタイムを過ごせます。さらに、成功した体験談も載っていますので、是非参考にしてみてはいかがでしょう。そのほかにも、サイトには有益な情報が数多く記載されています。有効活用して下さい。参考:消化器内科医の求人情報からみる給与の差

消化器内科医の平均年収

消化器内科医の平均年収は750~1200万円と言われています。2004年に新臨床医研修制度が導入されて以来、大学病院などの医局から離れてキャリア・収入アップを目指す医師の転職が増加しています。求人サイトの普及により情報サービスが充実しているのも一因でしょう。

近年のがん患者増加に伴い、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医の需要は増えています。元々の人員不足に加え、そういった専門医を募集する病院は多数にのぼります。こうした専門医は資格取得のプロセスが必要となるわけですが、合格率は80~90%以上と非常に高いものです。

キャリアアップに有利な資格を取得しておくのはもちろんのこと、後にしこりを残さないよう自分に代わり条件交渉を請け負う専任エージェントに相談するケースも増えているようです。


あなたの希望にあった医師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。
消化器内科医の20代、30代、40代の平均年収を公開。一般医師の平均年収とも比較
消化器内科医の20代、30代、40代の平均年収を公開。一般医師の平均年収とも比較
【消化器内科医の転職情報】まずは自分の給与を平均年収と比較。平均以下なら医師転職サイトの利用がおすすめ
【消化器内科医の転職情報】まずは自分の給与を平均年収と比較。平均以下なら医師転職サイトの利用がおすすめ