老人内科医の転職情報。医師転職サイトを利用し、理想の職場へ

老人内科医の転職情報。医師転職サイトを利用し、理想の職場へ

老人内科医の勤務内容、給与

老人内科医は、65歳以上の高齢者を対象として仕事を行います。勤務内容では、自分より年上の人と接する機会が多くなるため、患者との接し方にも注意が必要な仕事です。

老人保健施設や介護施設に勤務する場合には、病院に勤務する内科医よりも給料が低くなり、日給で約7万円、年収では2000万円程度といわれています。

高齢化社会の進行により、老人内科の医師を募集する医療機関が増加しています。転職先は療養型病院や老人保健施設が多めですが、精神科病院の内科で求人が行われるケースもあります。

老人内科医の平均年収

老人内科医の給料は医者としての経験や業績だけでなく、地域や施設によっても異なります。一般的な年収は2000万円前後で、その給与は日給のところもあります。また、ほとんどの場合交通費は実費支給されます。

勤務内容は基本的には外来と病棟管理で、施設によっては個人宅に往診をしたり、老人施設や介護施設への往診がある場合もあります。

高齢化が進む日本社会において老人内科の需要は高まっており、医師専用の求人転職サイトには多くの求人が掲載されています。特に給与が高額となるのがクリニックの院長として常勤する求人です。

医師転職サイトには求人情報が多数

生活習慣病や動脈硬化性疾患など高齢者に多く発症する病気を治療する老人内科医として働いている場合、年収アップを狙うためには医師転職サイトを活用することが重要なポイントです。

前職よりも高額な給与を支給されることが多く、豊かな生活を送れる上に勤務時間帯を自由に選ぶこともでき、家族との時間を大切にできます。

求人情報もたくさんあり、研修が充実している職場ではスキルアップも簡単にでき、医療現場で常に最新の技術を身につけることも可能です。

医師転職サイトを利用し、新たな職場へ

老人内科医は内科医の中でも老人専門の医者です。医者であれば高収入というイメージですが、必ずしもそうとは限りません。多くは年俸制ですから、長年勤めても年収アップはあまり望めないのです。

ですので、過酷な勤務時間や収入に不満を持っているのであれば、医師転職サイトに登録するなどして求人情報を得て、新たな職場を探すのが良い方法です。

医者であっても、生活がありますから、家族との時間であるとか、収入の多さであるとか、勤務地であるとか、自分が何を大切にしてどのような勤務先を希望しているのかをはっきりさせて、新たな職場を探すことが重要です。老人内科医への転職は、転職サイトの活用で負担無く行える


老人内科医の転職成功のポイント(医師転職サイト活用を入れる)
老人内科医の転職成功のポイント(医師転職サイト活用を入れる)
【医師の年収事情】老人内科医の年代別の平均年収
【医師の年収事情】老人内科医の年代別の平均年収