放射線科医の年収情報。20代、30代、40代の平均年収を公開

放射線科医の年収情報。20代、30代、40代の平均年収を公開

放射線科医の平均年収

放射線科医の平均年収は、常勤の場合で1000万~1800万円程度といわれており、20代の頃は一般のサラリーマン並みの収入でも、30代になると急に上がるという特徴があります。

もし転職で収入アップを期待するなら、大学病院より民間病院、そして都市部より過疎部のほうが高い給与を望めるといわれていますので、そのことも考慮するとよいでしょう。また放射線科では、より経験と知識が求められるため、年齢は、採用の際にはさほどネックにならないといわれており、40代はむしろ即戦力として歓迎されるともいわれています。

放射線会の年代別の平均年収①

放射線科医の平均年収は、20代は385万円、30代は545万円、40代は660万円、50代は710万円です。また、60代で放射線科専門医師として勤務している場合は、嘱託として勤務し、450万円が平均です。しかし、あくまでも病院勤務医の収入金額であり、開業医の場合には更に高額です。

高度なスキルをもっている放射線科専門医師の需要が高まっています。高額な給与を提示し、人材確保を行っている医療機関も多いです。研究・研鑽、自分自身の成長、よりよい労働環境への就職などを目的に転職が行われていますが、求人・募集が全国各地多数あり、十分に比較・検討の上で就職先を選択することができます。

放射線会の年代別の平均年収②

放射線科医の平均年収は高いといわれていますが、勤務する病院によって多少の差があります。

ただし、若いころから高収入というわけではなく、20代の場合は、サラリー面とほぼ同等で、300万円から400万円程度で、30代になると一気に上がるのが特徴で、500万円以上になることが多くなります。経験を積むことが給与のアップにつながります。40代を超えると、900万円を超えることが多くなり、殆どの人が1000万円を超えます。また、転職して病院を変えると収入アップにつながります。

開業よりも転職のほうが簡単に年収アップが可能

放射線科医の転職は、開業よりも簡単に収入を上げることができます。

放射線科の医師の平均年収は、900万~1100万円といわれており、多くの方は1000万円を超えるようです。20代の頃は一般のサラリーマンと同じ給与だったのが30代になると一気に上がり40代では1000万を超える収入が入ります。

放射線の医師は開業医として開業するのは少し無理がありますが、大学病院よりも民間病院で、都会よりも田舎にある方が収入が高い傾向です。参考:医師の転職は、転職サイトの活用で大幅な年収アップが望めます。


産婦人科医の平均年収は1600万から2000万。大学病院に残ると給与アップは見込めず
産婦人科医の平均年収は1600万から2000万。大学病院に残ると給与アップは見込めず
【放射線科医の転職情報】収入、勤務時間、仕事内容に不満なら転職を考えたほうが良いです
【放射線科医の転職情報】収入、勤務時間、仕事内容に不満なら転職を考えたほうが良いです