薬剤師のキャリアアップを考える。時給・年収が伸びるスキルとは?

薬剤師のキャリアアップを考える。時給・年収が伸びるスキルとは?

薬局全体のことを考えて、自発的にテキパキ仕事ができると査定で給与がどんどん伸びる。

医薬分業の昨今で、薬剤師のキャリアアップが求められています。医薬分業とは、医師が診断や治療にもとづいて処方箋を発行し、病院とは独立している薬局にて薬剤師が調剤、服薬指導を行うことです。この制度により、大病院だけでなく、地域のクリニックの周囲にも調剤薬局が多くみられるようになりました。ゆえに、薬局は飽和状態になりつつあります。

一方で、ドラッグストアにおいては一部の市販薬(特に第一類医薬品)を販売する際は薬剤師が説明する義務があるため薬剤師の活躍の場が増えている面もあります。最近のドラッグストアの求人を見ると、ドラッグストア勤務の薬剤師は、育休産休などの福利厚生も充実、年収も700万円以上 の求人も増えてきています。先に書いたように、調剤薬局は飽和状態であり、患者が病院を選択するように薬局も選択する時代です。

よって、向上心を持って仕事をしないとスキルアップはおろか、給与にも関わってきます。逆に、薬局から必要とされる人材になることで格段に給与は伸ばせるといえます。

例えば、内科の中でも特に小児科に特化したり、漢方薬に特化している認定薬剤師や、専門薬剤師等の資格を取ったりすることで、さらに薬剤師としての付加価値を高めることができます。また、結婚や出産等、様々な理由で転職や職場復帰をすることになった際にも、大きな強みとなります。では、このような現状をふまえて、薬剤師はどのようなスキルアップを求められているのでしょうか。

患者とのコミュニケーション能力や、スタッフのマネジメント能力の高い管理薬剤師になると、年収は飛躍的にアップ。

管理薬剤師とは、調剤薬局に必ず一人在籍していることが法的に決められています。具体的な業務内容は、薬剤の管理および雑務等のすべての業務、そしてスタッフの管理や指導です。ドラッグストアで例えるなら店長のような立場です。責任ある役職である一方、勤務する薬剤師の人数が少ないなど、薬局の環境によっては3年以上のキャリアがあれば年齢に問わず管理薬剤師になれる可能性があります

では、管理薬剤師に必要なスキルとはどのようなものでしょうか。まずは患者とのコミュニケーション能力をつけることです。数ある調剤薬局の中から患者に選ばれる店舗づくりをするためには、まずは薬剤の説明が丁寧にできることや、調剤内容から患者へ気遣いの声掛けができるなど、いわゆる「接客スキル」が必須になってきます。かかりつけ薬局、という言葉もみられる昨今で、いわゆるリピーターになってもらうためにも患者とのコミュニケーションはとても重要です

次に、スタッフの管理や指導という点からマネジメント能力をつけることです。己のスキルアップも大切ですが、店舗のスタッフの育成にも力を入れなければなりません。残業を減らしたり、マナー研修等、人材育成を積極的に行ったりすることで、人間関係も円滑になり店舗経営の効率化につながります

この2点を念頭に置いてスキルアップをすることで年収は飛躍的にアップすることでしょう。大手の調剤薬局であれば、ここからさらに、利益や売り上げにも目を向けて店舗運営をすることで、エリアマネージャーや経営幹部等へキャリアアップできる可能性も十分にあります。


あなたの希望にあった薬剤師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。
薬剤師の転職サイトの選び方
薬剤師の転職サイトの選び方
パート薬剤師の求人を探す際には、大手のドラッグストア・調剤薬局に強いサイトを複数登録がオススメ!
パート薬剤師の求人を探す際には、大手のドラッグストア・調剤薬局に強いサイトを複数登録がオススメ!