パート薬剤師の求人を探す際には、大手のドラッグストア・調剤薬局に強いサイトを複数登録がオススメ!

パート薬剤師の求人を探す際には、大手のドラッグストア・調剤薬局に強いサイトを複数登録がオススメ!

パート薬剤師の求人を探す際には、大手のドラッグストア・調剤薬局に強い求人サイトに複数登録することをオススメしております。実際、育児や結婚、子供の送り迎え等、様々な理由でフルタイムではなく、パートタイムで薬剤師の求人を探される薬剤師さんは多いらっしゃいます。

しかし、パートを希望する方にとって、病院を職場にしようとすると、なかなか労働条件が合わないものです。病院の直接雇用だと時給制ではなく、月給制で募集しているところが多いのが現状であり、自分のライフスタイルにあった働き方を探すのは難しくなってきます

そこで、大手のドラッグストアや、調剤薬局を新たな職場として選択することをおすすめします。現在はニーズに合わせた転職サイトも多く存在していますので、ドラッグストアや調剤薬局に強いサイトに複数登録することで、転職が有利に進められるでしょう。

ドラッグストア・調剤薬局チェーンの募集要項

ウエルシア

給与は、時給2,600円・22時以降は3,250円。健康保険・厚生年金・労災・雇用保険全て完備。勤務時間が40時間を越えると、社保完備で勤務可能です。 給与水準は比較的高いですが、深夜の時間帯は標準程度の時給担っています。実働9時間で時間外が1時間つくようになっています。

薬剤師 転職サイト 求人
参考URL:http://www.welcia-yakkyoku.co.jp/recruit/recruit02.html

マツモトキヨシは育児・家庭で忙しいママさん薬剤師におすすめ

マツモトキヨシのパートも、週20時間以上勤務時間を確保すると、雇用保険がつき、30時間以上で健康保険・厚生年金が付きます。

また、1日3時間以上で週2日以上出勤できれば勤務開始可能ですので、家庭との両立・育児からの復職といったママさん薬剤師のケースでも働きやすい環境と言えます。

薬剤師 転職サイト 薬局

マツモトキヨシは、エリアごとにグループ内別会社が経営しております。そのため、求人によって社名が異なっています。勤務条件が・どれも大概同じ。

薬剤師 転職サイト 調剤 薬剤師 転職サイト 勤務 薬剤師 転職サイト 時給 薬剤師 転職サイト 徒歩

ただ、こちらの薬局は、位置日4時間以上の勤務時間の確保が求められます。グループ内のシメノドラッグがメインになっています。

薬剤師 転職サイト ドラッグストア
参考URL:https://matsukiyo-career.net/

サンドラッグの薬剤師求人は、詳細非公開。

サンドラッグは、公開求人上で、給与水準・福利厚生・シフトのルール等は載せておりません。 ファルマスタッフ・リクナビ薬剤師・エムスリーキャリアの薬キャリに登録して、詳細や求人の出ている店舗情報を確認するようにしましょう。

薬剤師 転職サイト 転職
参考URL:http://www.sundrug.co.jp/recruit/career/medicine/guidelines.html

福利厚生の手厚いクリエイトの求人は、マイナビ薬剤師で確認を。

クリエイトの求人は、マイナビ薬剤師に掲載されています。調剤は18時30分まで、OTCは22時までの時間でシフトが組まれます。

調剤については日祝休暇確定。通勤手当以外にも、調整手当、住宅手当、家賃補助なども受けられます。また、育児・介護に伴う休暇の取得も可能ですので、大手ならではの手厚い福利厚生が魅力ですね。

薬剤師 転職サイト 給与
参考URL:https://pharma.mynavi.jp

クスリのアオキは時給3000円!

クスリのアオキは、月間87時間以上の勤務をする場合、時給3000円まで出ます。OTC業務はなく、調剤業務のみになりますので、「地域の患者にとって、一番身近な医療人」として、薬剤師として専門性を持って仕事をすることができます。

薬剤師 転職サイト 休暇
参考URL:http://kusuri-aoki-recruit.jp/

ツルハドラッグのパート求人は案件多数。ブランクからの復職OK

ツルハドラッグは、グループ内のパート薬剤師求人は全部で300件以上出ています。

薬剤師 転職サイト アルバイト

土日休み・社保賞与あり。ブランクOKと明記されています。 勤務時間は18時までですので、調剤薬局ならでは残業のストレスなく働けるのが魅力です。

薬剤師 転職サイト 交通

17時30分までの勤務隣っている店舗もございます。

薬剤師 転職サイト 店舗
参考URL:http://www.tsuruha.info/recruit/index.html

ダイコクドラッグ

ダイコクドラッグの給与水準は、下記の通り。 エリアによって給与設計に多少の差異はありますが、深夜の時間帯の給与が5000円と高額なのは魅力です。一人暮らし・独身の薬剤師さんでがっつり稼ぎたいと言う場合には、ダイコクドラッグはおすすめ。

もう一つ加えるならば週一日から勤務可能な点。そして、位置日3〜4時間の勤務でもokですので、扶養内で働きたいという場合でも受け入れokなドラッグストアです。

薬剤師 転職サイト レジ 薬剤師 転職サイト 正社員
参考URL:http://daikokudrug.com/

ママさん薬剤師の同僚が多い、ハックドラッグ

ハックドラッグ、パートの薬剤師求人における給与水準は、時給2,600円以上。17時以上加算があるというのは、やはり育児の都合で17時までに退社されるママさん薬剤師が多いことに起因していると思われます。

同僚にママさん薬剤師が多いので、子供の急な体調不良に伴う休みの希望も、相談しやすく職場の上長から理解をしてもらいやすい環境の職場であると言えます。

薬剤師 転職サイト スタッフ 薬剤師 転職サイト 接客
参考URL:https://cfs-corp-recruit.net/jobfind-pc/job/Kanto/573

社保完備のザグザグ

ザグザグは、時給2500円スタート。勤務時間は20時まで。勤務時間によって、加入保険は異なります。

福利厚生に関しては、法令に則り、労災保険は、全員。週20時間以上勤務される方は雇用保険に加入でき、週30時間以上の勤務の場合には、健康保険・厚生年金・雇用保険の加入となっております。

薬剤師 転職サイト 職場
参考URL:https://www.zagzag.co.jp/recruit/pha/pha_part_time.html

スパーク

スパークでは、常勤の場合に育児・介護での時短勤務制度があります。また、賞与も4ヶ月分ということで、非常に条件が良いと言えます。

勤務時間・勤務日数は条件によるとのことで、店舗によって採用基準が異なる模様です。給与水準も含め、求人サイトで確認するようにしましょう。

薬剤師 転職サイト ブランク
参考URL:http://www.kusuribito.com/tokai/aichi/14341/

ドラッグイレブンの求人詳細はファルマスタッフに確認を。

薬剤師は在宅医療・管理薬剤師業務・保険調剤やOTC業務を行うドラッグイレブン。こちらは、交通費支給・社保完備で、退職金制度や寮・社宅の貸し出しも行っています。

勤務時間については店舗ごとに異なっていますので、ファルマスタッフ・マイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師といった調剤薬局に強い求人サイトで確認してみてください。

薬剤師 転職サイト 職種
参考URL:https://dgmp.jp/rec_pharmacist.html

ドラッグストアに特に強いのはリクナビ薬剤師

そこで、数ある転職サイトの中から、特にドラッグストアに強い「リクナビ薬剤師」をご紹介します。新卒の方に就職活動でよく利用されている「リクナビ」の薬剤師の求人に特化したサービスで、いくつか特徴があります。

1つ目は、人材紹介の最大手であるリクルートグループが運営しているため、求人案件が35,000件も掲載されている点です。また、この中には非公開のものもあるため、より多くの求人からマッチングすることができます。

2つ目はキャリアアドバイザーと呼ばれる担当コンサルタントがつく点です。業態や条件等の希望を聞き、そこから案件を紹介してくれます。パートタイムとなると時間や休み等で希望が多くなりがちですが、必要に応じてコンサルタントが条件交渉を行ってくれます

3つ目は面接日の調整から対策まで行ってくれる点です。特に子育て等から復帰する場合、久しぶりの面接に不安を覚える求職者も少なくはないでしょう。このようなサポートを利用することで安心して就職活動することができます。

自宅からの通勤時間は15~30分の職場がベスト!

では、職場を探すときにポイントとなる点はどのようなものがあるのでしょうか。転職サイトの条件検索の中にも「駅から近い」などのキーワードがあるように通勤方法や、通勤時間というのは重要な選択肢です。特に、子育て中の方にとって通勤時間は幼稚園や保育園の送迎や、学校からの帰宅時間に関わってきます。

これらのことを考えると、通勤距離は自宅から15~30分がベストだと言えるでしょう。また、交通機関やマイカーを使って通勤したとして、距離が長いと交通費の自己負担分が発生してしまう可能性もあります。

調剤薬局の一般的な営業時間は平日と土曜の午前中・ドラッグストアは土日出勤あり

ここで、調剤薬局とドラッグストを例に挙げて働き方の違いを比較してみましょう。まず、調剤薬局とは、病院の周辺に多く存在する調剤中心の門前薬局のことを指します。

なので、調剤薬局の定休日と病院の休診日が重なることが非常に多いです。つまり、平日と土曜の午前中が主な勤務時間といえます。家庭を持っている主婦の方にはとても働きやすくママさん薬剤師に特にオススメです。一方、ドラッグストアは不定休のところが多くなってきているので、曜日、祝日に関係なく出勤することを要求されるでしょう。また、夜遅いシフトがあるのもドラッグストアの特徴です。

さらに、調剤薬局は病院の処方箋をもつ患者への調剤、説明が中心となるので、接客の要素は少なくなります。一方、ドラッグストアは、市販薬の説明や、症状に関する相談、店舗によってはレジ打ちを担当することも少なくないため、接客のスキルも必要となってきます。ひと口にパート薬剤師と言っても、職場によって働くスタイルが大きく異なるので雇用主のニーズをしっかり見極めることが重要です。

あなたの希望にあった薬剤師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。
薬剤師のキャリアアップを考える。時給・年収が伸びるスキルとは?
薬剤師のキャリアアップを考える。時給・年収が伸びるスキルとは?
OTC医薬品販売における、薬剤師の求人需要を解説
OTC医薬品販売における、薬剤師の求人需要を解説