薬剤師の急性期病院での役割は、ハードながらキャリアを積みたい方には最適な職場

薬剤師の急性期病院での役割は、ハードながらキャリアを積みたい方には最適な職場

急性期病院というと、急な病気や怪我、そして持病などにより急激に悪化した患者さんに対し、入院や手術、さらに検査などを行う病院のことです。そのため、急性期病院の薬剤師は、高度かつ専門的な医療の現場で働かなければならなくなります。

急性期病院の薬剤師の業務は、急な病気や怪我が急激に悪化した患者様に対して、入院や手術、検査等の専門的且つ、高度な医療を行います。慢性期病院とは異なり、臨機応変な対応が必要となってくるのでスキルアップを目指す薬剤師の方には、最適な働き方です。

今回は、急性期病院の特徴、それから急性期病院で勤める薬剤師の、仕事内容や求人の概要についてご説明して頂きたいと思います。宜しくお願いします。

はい、宜しくお願いします。

急性期病院の特徴です急性期病院とは救命救急やICU、HCUなどを要する事態に陥った患者に対する治療を施す施設を持っています。

当然ながら、薬剤師には高度な薬剤の知識量、それから臨床に関するノウハウが必要ですし、オペ中の立会いもありますので、瞬時の判断が求められます。

確かに、病院で使用される薬品の種類はとても多いですからね。

また、急性期病院は終末期医療においても重要で、癌、特にステージが進行している物であったり

治療情報の見つかっていない症状に対して、仮説を立て薬剤を投与したり、海外の薬剤についても調査をしながら、自費治療も含めた最適な判断をする必要があります。

その為、医師にとって薬剤師の存在が非常に大きく、仕事にやりがいはありますが、業務以外の調査、知識のインプットなどやるべき事が多くあります。

業務以外の調査やインプットですか

とはいえ、重い病気に苦しむ方や、災害にあった方に対する治療に対して、大きく貢献できるため

その事をモチベーションに感じながら働ける方にとっては、とてもやりがいのある職場環境であると言えます。

しかし、仕事内容は極めてハードであるため、なかなか長く続けられない薬剤師さんも少なくありません。

確かに、やりがいがあるといっても内容は難しい事ばかりですから、それが原因で辞めてしまう人はいるでしょうね。

早期離職になってしまうケースとしては、まず、卒業後すぐ入った急性期病院で、先輩薬剤師の仕事ぶりを見ながら自らの経験を積んで仕事に慣れた後

転職をされた場合でも、病院ごとにやり方が違ったりドクターの特徴、求められる期待値が異なるため

先の勤め先で培ったノウハウが、新しい勤務先では通用せずに退職してしまうケースがあります。

病院ごとに理念や契約方針など様々ですからね。

他にも、勤務開始早々に震災に遭われたり、テロ等の大事件に遭い、そこから搬送されてくる患者さんの受け入れをした際

あまりの惨状に、勤務を続ける事の出来ない精神状態に陥り、退職に至ってしまうようなケースも残念ながらあります。

震災の被害は私も見ていましたが、目を覆うような惨状でした…

特にこの様なケースは20代の若手薬剤師さんに多くみられます。

なので、社会的貢献などの志を持たずに急性期病院へ転職をしてしまいますと

あまりの忙しさや、過酷な労働環境、瞬発的な判断を続け様に求められる状況に対して耐えられなくなってしまうケースが多々あります。

それでも社会的意義を見出すことの出来る薬剤師さんにとっては、大変オススメな職場と言えるでしょう。

調剤薬局やドラッグストア以上に、やりがいを感じられそうです!

さて、急性期病院で勤務することで、薬剤師は仕事に対して大きなやりがいを感じられるという大きなメリットがあります。

他にも挙げられるメリットとしては、まず、チーム医療の現場で働くことができる事です。

チーム医療ですか?

一般的に薬剤師が調剤薬局、あるいは病院内薬局において、ナースやドクターと連携を取ることはあまりありません。

処方箋のやり取りを交わし患者に対して服薬指導をする、これが主な薬剤師の業務でありますが、急性期病院においては

常にドクターから何を投与すべきかといった判断、それから相談を受けることが多いです。ですから、仕事に対して責任感持って仕事に向き合う事ができます。

薬品への知識量がとても必要そうです…

また、急性期病院に対応できる薬剤師の数は決して多くありません。

ですから、国が指定するような難病であったりステージの進行をして難治性の癌に対しても対応することができます。

特に、日本において癌で亡くなる患者数は非常に多いです。

今でも年間36万人の方が癌で亡くなっているのが現状ですものね..

なのでオンコロジー領域において、ノウハウを持った薬剤師の価値というのは年々高り、それに準じて年収も1200万円まで上昇している傾向にあります。

ですから、急性期病院で働くことによって、薬剤師として自分の価値を高め

社会的貢献を担う医療の現場で活躍するという非常にやりがいのある仕事ができるのが特徴ですが、一方で家庭を犠牲にしてしまうケースが少なくありません。

仕事優先で家族を顧みないケースですね。

場合によっては、オンコールもありますし、知識のインプットをする為に学ぶ時間を設ける必要もあります。

また、発展途上国への支援を目指し、国境なき医師団との様なキャリアを選択をされる方の場合

家族の理解や支援を取り付けられないと難しいでしょうし、実際、独身率もかなり高いです。

遠くへ行く事を考えると身を固めるのは厳しそうですね。

そうですね、身内から全面的なバックアップをしてもらえる環境などがあれば、安心して働くことができます。

しかし、その様な支援が受ける事が出来るのはかなり稀なケースです、バランスを崩してしまう薬剤師さんが後を絶ちませんのでご注意ください。

さて、急性期病院への転職というのは難易度が高く、求められるスキルや適正水準が、一般的な調剤薬局に比べて非常に高い傾向にあります。

薬剤の知識、瞬時の判断、チームとの協調性ですね。

実際、年収水準で見ても1.5倍から1.7倍と高く、独身の方や経験豊富な薬剤師さんが多く勤務を希望されておりますので、かなり競争率は高いです。

そんなに競争率の高い求人どうやって探せばいいんですか?

急性期病院へ転職を希望されている薬剤師さんは、医師、薬剤師、共に転職サポートに力を入れている転職エージェントを利用することをお勧めします。

何故なら、一般的な薬剤師の転職エージェントは調剤薬局やドラッグストア、OTC、企業を対象にしているので病院への紹介

特に急性期病院の紹介に対しては成功事例が少ない傾向にあります。

そんなに人気の求人なんですね!?

エムスリーキャリアやリクルート、メディカルキャリアのような所では、医師、薬剤師、共に転職支援の経験が豊富であり

医局や学会の集いに深くコネクションを持ったエージェントがいます。

なるほど。

ですから、急性期病院の求人掲載されたら、直ぐに彼らの元に知らせが行くような体制ができておりますので

エムスリーキャリア、リクルートドクターズキャリア、キャリアブレインの三社を同時に利用することで

急性期病院への求人案内の可能性がぐんっと高くなりますよ。

3社同時利用ですね!今回はありがとうございました。

皆さまには、急性期病院のお仕事の流れや求人の探し方など、もう少し細かな説明をしていきたいと思います!

急性期病院における薬剤師としての役割は重要且つ業務もハード

病院には大きく、急性期病院と慢性期病院の2つがあります。大きな違いとしましては、受け入れられる患者様の年齢の幅の広さです。

急性期病院では、高齢者だけでなく20代〜30代の世代の患者様もいらっしゃいます。若い世代の方がいることもあり、基本的には入院期間も1週間〜2週間と短く、人工呼吸器を付けていたり、意識がない状態で入院してきた患者様が数週間で退院していくことも珍しくありません。

それとは反対に、慢性期病院は、病状は安定しているものの、自宅療養ができる状態でもなく、継続的な治療をする必要がある患者様が殆どです。そのため、若い世代の入院患者は少なく、免疫力が低下した高齢者の患者様が長期的に入院するための病院といえます。

急性期病院と慢性期病院の違い

このような急性期病院で働く薬剤師は、自宅療養の患者に対応する診療所の薬剤師として経験できるような服薬指導だけではなく、さまざまな業務を行います。例えば、混注(注射薬混合調整)業務DI(医薬品情報管理)業務なども行いますし、NST(栄養サポートチーム)や抗がん剤投与といった、専門性の高い業務等も行います。専門性の高い幅広い業務を行うのですから、当然、処方についても幅広い種類の薬を扱うことになります。

また、急性期病院では突然で且つ激しく、生命に関わるような状態の患者に対応しなければならないので、当然、夜勤や残業も多くなってしまいます。一分一秒を争うような命の現場でもありますので、その業務は非常にハードとなっております。そのため、急性期病院での薬剤師の募集要項には、年齢制限が設けられていることがあります。ですから、40代、50代で十分な経験があっても、転職時に体力面から内定がもらいにくいということもあります。

しかしながら、そのようにハードが業務ですが薬剤師としてメリットも数多くあります。幅広い種類の薬を扱ったり、専門性の高い業務に携わったりするため、薬剤師としての幅広い知識や経験を積むことが出来ます。これは診療所の薬剤師などでは決してできないような経験であり、スキルアップにもつながります。その結果、将来的に転職するような場合には大きなアドバンテージとなるでしょう。

近年、多く求められる急性期病院の薬剤師

また、急性期病院で薬剤師として働くことで、大きく社会貢献出来る可能性があります。例えば、日本は地震が多く、2011年には東日本大震災、2016年には熊本地震など、数年おきに壊滅的な被害が発生しています。そのようなとき、多くの薬剤師は、全国から医療チームの一員として現地へ赴き、医薬品を始めとした救援物資の調達、仕分け作業などにあたります。また、ライフラインが寸断され、十分な医薬品がない状態での服薬指導等も行います。このような目に見える社会貢献は、非常にやりがいになるでしょう

病院勤務は急性期病院のほかにもありますが、全般的に人気です。そのため、転職がなかなか難しい面もあります。そのようなときは多くの求人情報が集まる転職サイトやそこで活動されているコンサルタントの方の助けを借りてみましょう。薬剤師の転職サイト、4つの選び方さえ押さえておけば無理なく転職することができますよ。

急性期病院の勤務の場合ワークライフバランスの実現はやはり難しそうですね…

家庭との両立を目指す薬剤師さんの場合は、ドラッグストアや調剤薬局または療養型病院での勤務をお勧めいたします。

確かに急性期病院で勤務すると、新薬や、珍しい症例の調剤経験は多く積むことができません。

しかし、療養型病院で勤務する場合でも、入院患者に対して継続的に処方をしていくことによって、経過を診て、そこらか学ぶことは出来ますし、急患がそれほど多くありませんので突発的な残業や、オンコールを強要されることがほとんどありません。

そうなんですね。

お子さんがある程度大きくなったママさん薬剤師の場合には、急性期病院と慢性期病院の双方の機能を備えたケアミックスでの勤務をお勧めしております。

ケアミックス病棟では、例えば精神科の患者がうちが統合失調症で入院した場合初期のを治療を施した上で、慢性期へ移行させ、そこからの継続的な処方を押して行くこともできます。患者と長く付き合い経過を観察していくことが可能で、様々な症例において治療をし、患者が退院して行くところまで患者と関わっていくことができますので、学びが多く、やりがいが感じられる職場であると考えます。

病院で薬剤師が勤務するメリットとしては、やはり一般的な調剤業務・服薬指導、だけではなく、ドクターに対して処方の提案をしたり、医薬品情報業務に携わったり、MRとやり取りしたりといった、医療機関ならではの業務に従事できることが挙げられます。

病院での勤務は、調剤薬局に比べて業務的負荷は大きいですが、やりがいは大きいですよね。

チーム医療のなかで活躍できるので、薬剤師業務がお好きな方にとっては、急性期病院に限らず無理ない範囲で働ける、病院での勤務を選択してはいかがでしょうか。

もちろん存分に臨床に携わりたいという薬剤師さんは急性期病院での求人を探しすることをお勧めいたします。その場合はマイナビ薬剤師・リクナビ薬剤師と、複数の求人サイト利用しておくことで常に最新の求人情報を得られるようにしておきましょう!

ブラック薬局では、過度な労働や医薬品の無許可販売など、労働基準法・薬事法の違反が多発している
ブラック薬局では、過度な労働や医薬品の無許可販売など、労働基準法・薬事法の違反が多発している
品質管理業務の薬剤師求人なら、派遣社員として勤務すると時給4500円!
品質管理業務の薬剤師求人なら、派遣社員として勤務すると時給4500円!