調剤薬局の薬剤師の業務内容とオススメの転職サイト

調剤薬局の薬剤師の業務内容とオススメの転職サイト

一般の方が薬剤師で思い浮かべるのは、調剤薬局での仕事だと思いますが、その業務内容は多岐に渡っています。

調剤薬局薬剤師の主な業務内容

まず、調剤薬局で最も中心的なものになるのは、患者の方が持ってきた処方箋に基づいて医薬品を調剤することです。

また、薬を患者さんに渡すときに、服薬指導として服用の仕方だけではなく、薬の保管方法についても説明を行います。患者さんの薬歴の保存、管理の一環として説明の際の内容や質問なども記録しておりますし、現在では患者の方がお持ちになるお薬手帳にもどのようなお薬を服用しているか記載します。

薬に間違いがあった場合、それは命に関わる可能性もある事象ですので、患者さんへ薬を渡すときには、何回も確認作業を行っております。このように処方箋に基づいた調剤が中心的な業務ですが、人数規模によって、患者さんの応対やレセプトの入力などの事務業務も薬剤師が行うことがあります。

近くにある病院の規模や診療科目によって処方する医薬品に偏りも出てきます。例えば、糖尿病専門医の内科医院が近くにあれば、糖尿病に関する薬を調剤することが多くなりますし、眼科が近くにあれば目薬などが多くなります。また、近くの病院の休日に合わせている場合が多いので、休日は近くの病院に合わせることになります。ブラック薬局でもなければ、残業は病院勤務に較べて多くはありません。

大手チェーンの薬局よりも、中堅~小規模クラスの薬局のほうが年収はよくなる

調剤薬局は地域や規模により、業務内容も異なりますが、平均年収もかなり差があります。350万円から600万円くらいと言われますが、管理薬剤師になると最低でも500万円は超えます。大手チェーンの薬局よりも、中堅~小規模クラスの薬局のほうが年収は良くなる傾向にあります。

調剤薬局に転職をする際に心がけること

転職をする時には、なにより現状を把握するのはとても大切なことです。自分の職場は大丈夫と思っていても、働いていると以外と気付きませんが、自分の職場がブラックなんて事もありますので

他にも、調剤薬局の場合、少人数が働くということもあり、職場の雰囲気や忙しさもかなり変わります。年収ばかりを気にして、転職してみたらブラック薬局だったということもありえるので、転職の時は注意が必要です。

調剤薬局の求人なら、リクナビ薬剤師に登録しておくのがオススメ

では、調剤薬局に転職するならば、どのような方法をとればよいのでしょうか? 個人的には、リクナビ薬剤師に登録し、転職活動をすることをオススメします。

リクナビ薬剤師は、人材紹介最大手のリクルートが運営する薬剤師を専門に扱ったサイトです。調剤薬局の転職求人自体も多く、大手企業とも強いパイプを持っております。 その結果、大手調剤薬局への転職に強いという特徴があります。大手であれば、職場の雰囲気が悪かったり、不法な長時間労働を強いるブラック薬局に転職してしまう可能性はほとんどないでしょう。


あなたの希望にあった薬剤師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。
ドラッグストア薬剤師。リアルな仕事内容と、メリット
ドラッグストア薬剤師。リアルな仕事内容と、メリット
ドラッグストアの薬剤師求人は何気に注目!?
ドラッグストアの薬剤師求人は何気に注目!?