転職回数の多い薬剤師が面接で気をつけること&最適な転職時期

転職回数の多い薬剤師が面接で気をつけること&最適な転職時期

ドラッグストアから薬局へ転職

私は転職を3回経験しており、かなり転職回数の多い薬剤師です。理由は、様々な診療科を経験してみたかったから!転職したおかげで、主な診療科はほとんど経験したと思います。色々な経験値を積みたかったから・・もちろんそれが主な理由なのですが、同じ場所にいると2-3年もすると仕事内容に慣れてしまって飽きてしまうから、という理由も少しだけあります。

最初の就職先はドラッグストア内に併設されている調剤コーナーでした。ですが、実際には処方箋を持ち込まれることがあまりなく、品出しや商品の陳列などもお手伝いしましたし、混雑する時間帯はレジ業務も手伝うように頼まれたり、薬剤師としての存在価値はかなり低く、仕事内容にかなり不満でした。

どうしても調剤業務の経験を積みたかったので、ドラッグストアを退職し、調剤薬局へ就職しました。ここで薬剤師の経験を積もう!と思っていたのですが、その調剤薬局に訪れる主な患者さんは真隣にある整形外科の患者さんでした。

整形外科の処方箋は湿布など、調剤業務を必要としないものが多く、残念ながらまたもやあまり経験値は積めなかったのです。たまに他の診療科の処方箋を持ち込まれることもありましたが、あまり扱わない処方箋だと薬剤の在庫がなかったりもしました。もっと調剤業務をこなしたい!と思い、そこを1年ほどで退職し、また転職することにしたのです。

面接での注意と求人の多い時期とは?

次に、色々な処方箋を扱うであろう総合病院の前の調剤薬局の求人に応募しました。すると、面接を担当した方が私の履歴書を見て、職を転々としている→ここもすぐ辞めてしまうのではないか?と懸念したようで、真っ先に退職理由を質問されました。私は、もっと様々な診療科の処方箋をこなしたかったからだと正直に話し、さらにどこの職場でも良好な人間関係を築けたことをアピールしました。

若い内の短期間での2回という転職回数は、やはり警戒されるようです。面接で問われる転職理由は、「人間関係がうまくいかなくて。」「仕事内容に飽きて。」などというネガティブなものではなく、「薬剤師としてのスキルを磨きたかった。」「漢方を取り扱うこちらの薬局で自分の資格活かしたい」など、今までの職場は希望と違っていたけれど、この職場はそれに当てはまりません、ということを伝えましょう!

さらに薬剤師の転職の時期は、11月が最適と言われています。11月はインフルエンザやロタ・ノロなどが流行り出す時期で薬局は忙しくなりますし、さらに扶養の範囲内で働きたいという主婦のパート薬剤師さんが調整のためにシフトに入らなくなる時期でもあるからです。薬局としては、転職回数などあまり細かいことは気にしていられなくなり、とりあえずコミュニケーション能力さえ問題がなければ採用、という甘い基準になりがちです。

現在、結婚・妊娠を機に総合病院前の薬局も辞職し、子育てしやすい近所の薬局で働いていますが、11月の法則のおかげか3回の転職理由はとくに追及されませんでした。11月の転職、お勧めです!


ドラッグストア勤務 (29歳女性)のレビュー

ドラッグストア勤務 (29歳女性)

あなたの希望にあった薬剤師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。
公務員試験を受けて県庁の公務員薬剤師へ!
公務員試験を受けて県庁の公務員薬剤師へ!
薬剤師の海外研修を経験してみて感じたこと
薬剤師の海外研修を経験してみて感じたこと