薬局薬剤師の仕事について

薬局薬剤師の仕事について

調剤薬局の薬剤師は全薬剤師の半分を占めると言われています。私も大学の薬学部を卒業後に、調剤薬局に就職しました。一応薬学部生の時に病院や薬局での研修があったものの、いざ薬剤師として働き始めると、見たことのない薬と遭遇したり、うちの薬局はOTC医薬品も販売しているので、その知識が必要だったりと毎日毎日が精一杯でした。先輩の厳しい指導に耐え、時にはサポートしてもらいつつ何とか仕事に慣れていきました。

調剤薬局の薬剤師の仕事内容

調剤薬局に勤務する薬剤師の仕事内容は、「調剤」(医療機関の医師が出す処方箋通りに薬を調剤し、服薬しやすいよう整えたりすること)・「服薬指導」(患者さんに、薬の服用方法・効果・保管方法などの情報を提供し、患者さんからの質問に答えたりする中で患者さんの日々の生活や習慣を把握します。また、健康的な生活を送る上でアドバイスをしたりします。)・「薬歴管理」(患者さんの、アレルギーや副作用歴などの情報や、今までの服用履歴を管理すること)・「監査」」(薬と処方箋の内容に間違いがないかを確認すること)が主な仕事です。

私が感じる薬局薬剤師の仕事のやり甲斐

私は最初から薬剤師を目指していた訳ではなく、親に私大は行かせられない、と言われている中、滑り止めで受かっていたのが薬学部で、それ以外の選択肢がなかったのです。仕事が楽しいかと聞かれるとよく分かりませんが、やり甲斐は感じています。苦手な方も多いですが、私は服薬指導で患者さん話すのが好きです。年代も性別も様々な方とお話ができるのは楽しいですし、薬の専門家として、服薬している薬のことで悩んでいる患者さんの力になれることは嬉しいですし、患者さんの中には、意外と忙しそうな担当医師には遠慮して言えないことを薬剤師に打ち明けてくれる方もいるのです。そうした瞬間に患者さんに頼りにされている、という実感が湧き、薬剤師になって良かったと感じます。

また、(薬局によるのでしょうが)定時終わって職場の人と外食したり飲んだりするのは楽しいですし、プライベートも充実させることができます。(薬剤師は家族を優先したい方や、特に女性にはお勧めの職種だと思います。)また、調剤薬局は決して給料がすごく高い訳ではないけど、それなりの給料をいただけますし(ドラッグストア以下病院以上)、製薬会社のように研究・開発・治験ができたり、病院のように最先端の医療に触れたり臨床経験を積むことができる訳でもないけど、調剤薬局はなかなか良い職場だと思います。

また調剤薬局は、今後日本が超高齢化社会を迎えるにあたって、在宅医療に取り組む店舗が増えていくと考えられます。薬剤師の在宅医療には居宅タイプと施設タイプがありますが、居宅の場合、ただ医師の指示通りに調剤業務をこなすだけでなく、患者さん、そして患者さんのご家族の精神的・肉体的な自立をサポートすることができ、今まで以上に患者さんに寄り添うことができる制度です。これからも調剤薬局薬剤師の役割は大きくなっていくので、それにふさわしい知識・技能を持った薬剤師でありたいと思います。


調剤薬局 (28歳女性)のレビュー

調剤薬局 (28歳女性)

薬剤師研修センターを利用すれば薬剤師としてレベルアップが可能
薬剤師研修センターを利用すれば薬剤師としてレベルアップが可能