大学病院の医師年収情報

大学病院の医師年収情報

大学病院の勤務医の平均年収としましては、20代~30代で、300万~600万円となっています。講師、助教授、教授と昇格していくことで、700万円台、800万円台、1000万円台と、昇給していきます。医師全体の平均としましては、1141万円という統計もありますように、大きな差が生じています。

さらに開業医の場合になりますと、平均2400万円と高くなります。しかし、経営者としての業務も多く出てきますから、収入だけでは、判断できません。大学勤務の場合、収入面に不満を感じる方は、医療系サイトの転職情報で、自分の収入が妥当かどうかを判断することができますから、転職も視野にいれて検討してみましょう。

大学病院の特徴

大学病院は、高度な医療技術とともに、最新の医療設備が整っていますから、重篤な患者が多く、勤務時間が長い場合が見受けられます。また、全国には750以上ありますが、すべての医療施設から見れば非常に割合は低いので、多忙になる傾向が顕著です。

もしも自分の年収が平均給与よりも下回っているように感じられたならば、医師転職サイトを利用することをおすすめします。勤務医や開業医の収入について知ることもできますし、平均給与が記載されていますから、より良い職場に移る機会となります。また、転職の体験談も載っていますから、有効に活用してください。

病院の規模によって仕事や年収に大きな差も

大学病院で働きながら、同じ仕事内容なのに、年収が違うのではないかと疑問に感じる場合はあります。そのような時は、医師転職サイトをご覧になり、勤務医および開業医の募集要項をじっくり見比べることをおすすめします。

また、規模が大きい職場の場合、求人の数も増える傾向が見受けられ、勤務している職員が百人単位のこともあります。そのようなところでは研究設備も整っている上に職員の意識も高いので、やり甲斐を感じることができます。

医師数、病院数など大学病院の医療事情

全国の大学病院の数は750を越えており、高度な技術と最新の医療機器が備えられています。一般診療所の10万、および歯科診療所6万8000を含めた医療施設の数は17万ですから、その比率はとても少ないことが分かります。

勤務医の平均給与は1000万が目安ですが、開業医はその2倍くらいです。また、勤務先によって仕事の分量と年収は大きく異なりますので、もしも自分の収入に疑問を感じた場合は、医師の転職をサポートするサイトをご覧になってはいかがでしょう。全国の求人情報が掲載されていますから、とても参考になります。

転職成功のポイント

都内の大学病院の非常勤乳腺外科医が就職先を探します場合、全国の国公立・私立大・個人病院・クリニック等の求人が多数掲載されています医師転職サイトご覧になりますことをお勧めします。

乳癌は近年増加傾向にあり、新たに新設します病院が多いですから需要が多いです。乳癌は女性にとって命の危険性だけでなく、女性としての自信・誇り・生き方に関わります乳房を温存、全摘しますから重要な問題です。近年、医療技術に進歩により生存率が高い癌ですので術後の定期健診が必須ですから非常勤時代より年収アップは確実です。勤務時間ですが、常勤・非常勤がありますので希望の就職先が探せます。

転職するメリット

大学病院で働いていて、収入が低かったり勤務時間が長いなどの不満を持っている人もいるかもしれません。そのような場合には、職場を変えることを考えることも大切なことになります。職場を変えることによって、年収アップや働く時間を少なくするということも可能なのです。

実際に転職を検討しているのであれば、医師転職サイトを活用するということも大切なことになります。サイトを利用することによって、求人を探す場合には働く時間や収入の条件を指定して仕事を探すことができます。そのため自分の希望条件に合っている仕事を探すことができるのです。医師が抱える多くの不安、不満は給与に対するもの


大学病院の医師、転職のポイント
大学病院の医師、転職のポイント
【医師の年収情報 大学病院編】病院によってここまで給与が変わるんです。
【医師の年収情報 大学病院編】病院によってここまで給与が変わるんです。