【医師の年収情報 大学病院編】病院によってここまで給与が変わるんです。

【医師の年収情報 大学病院編】病院によってここまで給与が変わるんです。

大学病院の医師年収は、研修医後の進路により差が出ます。医局では20代後半~30代前半で300~600万円、講師700万円台、助教授800万円台、教授1,000万円前後となっています。一方市中病院では、600~800万円に始まり、5~10年後で1,000万円台、部科長クラス1500万円超、院長クラス2000万円前後であり、約倍額ほど違います。加えて地域差でもかなりの差が出てきてしまうのです。

全国平均は約1200万円ですが、あまりにもかけ離れた収入である場合は、転職を考えてみてはいかがでしょう。結婚したい職業として人気のお医者様ですが、勤務先やキャリアによって結構違ってくるものなのです。引用元:年齢別、大学病院の医師年収の違い

大学病院の医師の平均年収と全国平均との比較

医師全体の全国平均年収はここ数年はおよそボーナス込みで1000万から1100万円で推移しています。

開業医の場合は、年商がおよそ2000万から3000万円のため、手元に残るのは半分程度になります。さらに、開業してすぐは借金などもありますし、高額な医療機器の買い替えなどもありますので、さらに下回ることもあります。大学病院の勤務医の平均は30代前後で300万程度、講師で700万、助教授800万、教授1000万円前後となっています。教授クラスでようやく全体の平均値に届く程度になりますので、これ以下ならなおさら転職を考えることも必要です。

大学病院の医師の転職事情

大学病院で働いていて、年収に不満を感じているのならば、転職を検討するという選択肢もあります。医師の給料について考えてみると、一般の病院と比較すると大学の病院で働いている場合、ほかの病院に比べて収入が平均より低いという傾向にあるのです。

もちろん給料には地域差も存在していますが、結婚など家庭の事情によって働くうえでは収入面を大切な要素になるのです。だからこそ働いていくうえでは、どのような条件かで働きたいのか考えて、職場を選ぶことが大切です。時には転職について考えるということも必要なことになるのです。

大学医局と年収

一般的に医師の内情は謎で、年収や結婚などもざっくりとしたイメージしかない。ここでは大学医局について説明します。

大学医局はピラミッド構造になっており教授、准教授、講師、医長、医員という序列があり、医員は関連病院に派遣されることもあり、地域の基幹病院になると科ごとに大学医局から派遣しているケースが多いです。

大学病院といっても国公立、私立いろいろありますが医局勤務で20代後半から30代後半位で300万~600万位、昇格すれば700万円台、800万円台と上がっていきます。転職などするケースもあります。


あなたの希望にあった医師求人はこちらから問合せ可能です

利用規約に同意し、求人問合せする。
大学病院の医師年収情報
大学病院の医師年収情報
【大学病院の医師年収情報】平均給料以下なら、今すぐ転職をお考えください。
【大学病院の医師年収情報】平均給料以下なら、今すぐ転職をお考えください。