派遣薬剤師の福利厚生は手厚め!

派遣薬剤師の福利厚生は手厚め!

私は元々、地元でもかなり大きめの総合病院にある門前薬局に勤務していました。とにかく1枚の処方箋の濃度が本当に濃くて、調剤が本当に大変!処方されている薬剤が多くて診療科も複数にかかっている患者さんが連続で来店されることもしょっちゅう。あまりにも多岐に渡る診療科&薬の処方箋を見て、恥ずかしながら一体何の疾患にかかっているのか見当もつかないこともよくありました。必然的に監査もとにかく大変!

結婚を機に調剤薬局を退職したかったものの猛烈な引き留めにあい・・

1人の患者さんに処方される薬の量もとても多く、持ちきれないので台車で運ぶこともありました。そして、お昼休憩の時間帯が一番激しく込むので、ゆっくりとお昼ご飯を食べることが出来る日なんて滅多ありません。一応交替で休むのですが、自分の休憩時間でも、見ていられないほどの患者が殺到していればやはり放ってはおけません。10分ほどで慌ててご飯を詰め込み、すぐに他のスタッフに加わりました

そんな中、遠距離恋愛していた恋人にプロポーズされて結婚することになりました!その年の年末までの勤務で退職して、年始から彼の元に行って同居する予定だったのですが、上司は一度は祝福&了承してくれたものの、いざ年末が迫ってくると「年始はとにかく患者が増えて混むから・・。」と頼みこまれて年始も働くことになり、年始が終わっても忙しさを理由になかなか退職させてもらえませんでした。私もあたふたと働く同僚達を見ているとキッパリ辞めることが出来ず、結局3月の年度末まで働き続けたのです。

妊活のため、正社員ではなく派遣で働くことに!

年齢も年齢ですので、結婚したらすぐに子供が欲しいと思っていました。でも家にいて妊活のことばかり考えてばかりいるのも何だか不健康な感じなので、子供が出来るまでは働こうと思ったのですが、また猛烈な引き留めにあったら・・?と不安になりました。やはり薬局は健康な人が来る場所ではないので、妊娠して免疫力が落ちている時期は働きたくありません。色々考えたのですが、妊娠した時にすぐに辞めやすい派遣薬剤師として働こうと決めました!正社員よりは妊娠した時に、時期が来ればキッパリと退職もしやすいだろうと思ったのです。

プロの手を借りようと考え、求人サイトに登録して転職コンサルタントさんに相談。薬キャリ、ファルマスタッフ、クラシス、リクナビなど迷いましたが、1番レスポンスの早かったサイトに決めました。その結果紹介された調剤薬局が、現在時給3000円から(経験・能力を考慮して上がることも)、就業時間は月曜日から金曜日 の8時半から17時半(週30時間程度)(単純計算すると、週30時間働けば月の給与は36万円、年収は400万円近くになります。)、土日・祝日は定休日、そして、意外にも派遣薬剤師は福利厚生が充実していました!

医療過誤保険はもちろんのこと、各種保険は完備、有給休暇、産前産後休暇や育児休暇(私は使う予定はありませんが)も適用され、交通費も全額支給・・派遣薬剤師の待遇ってこんなに良いんだ!と、かなり驚き、今は喜んでそこで働かせてもらっています。(派遣会社にもよるかもしれませんが)派遣薬剤師は、不安定な会社の正社員より断然しっかりした福利厚生の元で働けますよ☆


調剤薬局勤務 (33歳女性)のレビュー

調剤薬局勤務 (33歳女性)

薬剤師の専門性認定制度について
薬剤師の専門性認定制度について
福利厚生がしっかりしている公務員薬剤師になったものの...
福利厚生がしっかりしている公務員薬剤師になったものの...