薬剤師の年収や仕事内容などを調査!

他の方の薬剤師の平均年収や仕事内容は気になると思います、そんな気になる情報を調査して色々な切り口でご紹介していきたいと思います。何か一つでもあなたのためになれば幸いです。

薬剤師の平均年収を調査して分かった昔との給与の差

薬剤師 年収

平成26年に厚生労働省が提供している「平成26年賃金構造基本統計調査」によると薬剤師の方の平均的な給与は

  • 全体平均年収:約533万円
  • 平均年収(男性):約587万円
  • 平均年収(女性):約502万円
  • 平均月収:38.1万円
  • 平均月収(男性):42.7万円
  • 平均月収(女性):35.5万円
  • 平均時給:約2330円
  • 平均年間ボーナス:75.5万円
  • 平均年間ボーナス(男性):75.5万円
  • 平均年間ボーナス(女性):75.5万円

となっています。グラフを見て分かる様に薬剤師の給与は、昔と比べてもあまり大きな差はありませんでした。収入の安定した職である事が分かります。 前にあったグラフ等を参考に自分の給与と比較してみていかがでしたでしょうか?
意外と低いなんて方もいたのではないでしょうか?

薬剤師のお仕事は、求人サイトで探し出せば高収入な派遣やパート(アルバイト)で時給5000円・常勤ですと年収700万円から1000万円なんていうものから残業無しや土日祝日休みなどもざらではありません。今の収入が見合ってないと感じる方や職場で上手くやっていけないという方には転職するというのも一つの手段かもしれません。

薬剤師の求人情報を紹介

薬剤師の求人にはいったいどのようなものがあるのでしょうか?今回は東京と大阪の求人を探してきました。

東京都世田谷区の薬剤医師求人

薬剤師 東京
  • 勤務地:東京都 世田谷区
  • 給与:年収600万円
  • 勤務時間:一年単位シフト
  • 休日:年間120日
引用元:ファルマスタッフ(http://www.38-8931.com/)

大阪府東大阪市の薬剤師求人

薬剤師 大阪
  • 勤務地:大阪府 東大阪市
  • 給与:年収500万円~700万円
  • 勤務時間:平日9:30~19:00土曜日9:00~15:00
  • 休日:日曜日
引用元:薬キャリ(https://pcareer.m3.com/)

いかがでしたでしょうか?自分の待遇と比較してみてよかった方もいるのではないでしょうか?
次に薬剤師が病院で働いたほうがいいのかドラッグストアで働いた方が良いのかを検証して行きたいと思います。

薬剤師として働くなら病院?それとも調剤薬局?

薬局 病院

転職するなら病院と調剤薬局、どちらがいいのでしょうか?仕事内容とメリットとデメリットで比較して行きたいと思います。

調剤薬局薬剤師の場合

調剤薬局での調剤業務や患者さんへの服薬指導をすることがメインです、カルテの整理なども自分で行うため、業務内容的には薬剤師として必要な事を多く経験できます。また、医薬品の数はとても多く新薬も次々と出てくるので日々の勉強が必要です。

しかし、その分得られる知識も多いので、次に転職する際などにその点が有利に働いてきます。また薬剤師はコミュニケーション能力が高い方も必要とされます。人と接する機会も多く、薬の副作用などの説明を求められる事もあります。そういった時にしっかりと解りやすく説明できる方が、調剤薬局の薬剤師として高く評価されるでしょう。

メリットとしては病院薬剤師の方よりも給料も高く休みも取り易いのでプライベートが充実するという点です。こちらは私生活と仕事を両立させたいと考えている方にはいいかもしれませんが、逆に上げられるデメリットとしては、ルーティーンワークになってしまうので仕事にやりがいを求める人には少し物足りないかも知れません。

薬剤師 求人
  • 勤務地:富山県 富山市
  • 給与:年収応相談
  • 勤務時間:月火木金 9:00~18:00 / 水土 9:00~13:00
  • 休日:水土(午後)・日祝 / 完全週休2日 / 年間休日110日
  • 経験者歓迎・18時定時で残業ほぼなし・単身者用の住宅補助有り!調剤薬局でのお仕事です。
引用元:薬キャリ(https://pcareer.m3.com/)

病院薬剤師の場合

病院薬剤師の仕事は、一般的に病院内での調剤室での調剤がメインの業務となります。病院の規模などによっては業務内容は変わってくるので全ての病院がそうというわけではございません。ですので、病院の規模が大きいと診療科別に分けられて特定の医薬品にしか関われないケースもみられます。

しかし、病院薬剤師はドクターのカルテを調節閲覧する機会などもありますしどういった薬剤をどの様な場面で使ったかを実際に見て勉強することもできます。調剤薬局の薬剤師の方も座学で学べないこともありませんがやはり実際の現場で見るものとはかなりの差ができてしまいますので、これは病院薬剤師のメリットと言えるでしょう。

また、病院薬剤師は研修体制がしっかりとしていますし、最新の研究資料に触れる事ができるので、より専門的な知識を身につけることができます。仕事にやりがいを求める方にはよいかもしれません。

しかしその分上げられるデメリットとして挙げられるのが仕事の辛さと給料の低さです。なので私生活も仕事も充実させたいという方には向いてないかもしれません。

全てを総合してみてプライベートと仕事の充実を求めるなら薬局薬剤師

仕事にやりがいを求めてキャリアアップを目指したいなら病院薬剤師が良いと思います。
ここまで長々と書きましたがこの情報があなたの転職や就職の参考になれば幸いです。頑張ってくださいね。

薬剤師 求人
  • 勤務地:神奈川県 横浜市
  • 給与:年収375万円~
  • 勤務時間:月火水金土 9:00~17:00
  • 休日:木日祝 / 完全週休2日(祝日含む) / 年間休日112日
  • 調剤経験・病院経験がなくても大丈夫!有給休暇の取得率100%の病院での調剤業務です。
引用元:薬キャリ(https://pcareer.m3.com/)

薬剤師の転職に年齢の制限はあるのか?

最近は、就職難といわれるご時勢ですが比較的に求人もありますし薬剤師の資格は国家資格ですから一度とってしまえば薬剤師でいられます、しかし資格を持っているからと言っていつでも就職、転職ができるわけではありません、やはり年齢の壁というものがあります。

まず20代の求人に関しては、男女問わず資格さえあれば問題なく就職はできるでしょう。転職に関して言えば短い段階で今いる職場を変えているというのはあまり雇用側によく見られません、やめるリスクが高い方を雇うのは抵抗がでてしまいますから20代での転職は難しいです。転職をするなら30代が好ましいといえます。

次に40代になると男性と女性で転職のしやすさに違いが出てきます。どちらが転職しやすいといえば女性といえるでしょう、これには訳があります。男性だとどうしても役職やそれなりの優遇をしなければならない場合が多く、雇用側としては雇いにくいのです。その点女性はパートや非正規雇用などでもよいという人が多いので雇用側としては雇いやすく男性に比べると転職がしやすいです。

50代になると薬剤師に限らず転職は難しくなってきます、薬剤師が不足している場所では50代でも雇ってくれるケースもあるので不可能ではありません、

このことから考えて転職に向いているのは30代前半から40代後半が好ましいでしょう。しかし、その他の年齢でも転職を成功させている事例はあるので今まで呼んできたことは基本的な例と例として頭に入れておいてください。それでも20代や50代で転職をしたいという方は薬剤師専門の転職サイト薬剤師ナビがありますので、そちらを利用して転職をするのがいいでしょう。これらには求人者と雇用側の間に入って話をしてくれるエージェントが就きます、なので1人で行うよりも楽に転職ができますし希望の条件で求人案件を探してくれるのでとても頼りになりますよ!

薬剤師の雇用形態別平均年収の違い

薬剤師の雇用形態にはどのようなものがあるのでしょうか?

それでは、雇用形態別に薬剤師の求人の特徴を見てみましょう。

今回もよろしくお願いします。

まず初めに、正社員について説明致します。

正社員勤務の特徴としては健康保険厚生年金が出ることが挙げられます。

また、あれだけの大規模の大きい調剤薬局、ドラッグストアのチェーンであったり病院の場合ですと、産休や育休、有給の取得実績があるところもあります。

規模が大きい程、雇用も安定するのはどの職種も同じですね!

一方、非常に小規模の調剤薬局やドラッグストアでお勤めになられる場合、特に法人成りしていない所では社会保険の適用さえもされません。

国民保険となるので額面上の給料が良くても、自分自身で国民保険の負担をしなければならないので、注意が必要です。

国民健康保険と国民年金は合わせると3万円程度かかりますからね。

ドラッグストアでの勤務の場合、正社員ですと年収で約500万円ぐらいが見込まれます。

調剤薬局の場合、少ないと400万円程になりますが、条件の良いい所では500万円台のケースもあります。

病院の場合、それほど給与はよくありませんが、スキルアップをする事ができるのでとても人気です。

眼科医院の周辺の門前薬局の場合、処方のバリエーションも少ないため業務も漫然とした形になってしまい、やりがいを感じられない薬剤師さんが多くいらっしゃいます。

専門科近くの処方箋薬局は、処方する薬局の種類が限られてしまいますからね。

次に、非常勤パート勤務です。

パート勤務の薬剤師さんは例えば、16時から17時まで、平日のみ、週3回ほどの勤務

或は午前勤務といった形で復職されるママさん薬剤師が多くいらっしゃいます。

子育てと両立して無理なく働けるような形でそういったシフトを希望されているわけですね。

しかし、女性の薬剤師の大半がそうした勤務形態を希望しているため、午前の時間帯特に平日シフトの求人が出にくい傾向にあります。

ですから、午前勤務希望のママさん薬剤師は、特に求人情報サイトに複数登録しておき、求人が出次第すぐに情報をキャッチできるようにしておくことがポイントになります。

複数登録しておけば、その分情報も増えますからね!

最後に派遣勤務です。派遣と聞くと派遣切りと言われるようになかなか雇用関係が安定せず

収入も不安定になってしまうのではないかというイメージをお持ちの方が多くいらっしゃいますが

派遣の中にも、紹介予定派遣というものがあります。

紹介予定派遣?

紹介派遣は、常勤と同じ時間帯を勤務し、6か月後に正社員への切り替えとような形で契約するような形式を言います。

給与も時給4500円から5000円といった非常に高額のものが多く、健康保険、厚生年金は100%適用になります。

ずっとその職場で働きたいなと思えたら、正社員切り替えもできますから、薬剤師さんの場合、派遣勤務というのは非常に合理的な働き方の選択であると言えます。

なるほど、派遣もありですね!勉強になりました。

雇用形態別の薬剤師求人情報の説明は以上となります。ご覧頂きありがとうございました。

化粧品メーカーでの薬剤師の仕事ってどんなことをするの?

薬剤師 化粧品

薬剤師の方で化粧品メーカーに就職、又は転職をしたいという方でもあまりその仕事内容を知らない方も多いのではないでしょうか?

まず化粧品メーカーでの仕事は多岐にわたり、皮膚関連の商品の開発・研究・薬剤の開発などが挙げられます。募集をしている企業によって業務はまちまちですが、特に多いのは薬事の管理に携わる仕事です。

商品の開発や研究などは薬学部出身の方は少なく理学部出身である方が多いので、殆どの薬剤師の方が薬事の管理になってしまいます。それでも薬剤師として商品の開発に関わりたいという方、化粧品は直接肌に影響を与えるものなので皮膚に関する知識を持っているのは評価のポイントになるそうです、これは頭に入れておくと役立つかもしれません。

また、最近では営業やマーケティング、広告などの販売に関わる仕事なども任されるケースもあるので薬剤師としての知識とキャリア以外のものも必要とされているというのも頭に入れておきましょう。

次に転職・就職の際に必要になるポイントを紹介します。化粧品メーカーは、国内だけでなく海外の企業も募集しています。海外の企業に応募するなら語学スキルも求められますし、医師や医療関連の機関や学会などと情報を交換したりとコミュニケーション能力を問われる場合も出てきます。

なので化粧品メーカーに応募される際は、薬剤師の知識以外にも語学やコミニュケーションスキル等、必要になるものがたくさんあるというポイントをしっかり押さえて常に万全の準備をすることを強くオススメします。

薬剤師 求人
  • 勤務地:東京都 品川区
  • 給与:年収 370万円〜800万円
  • 勤務時間:フレックスタイム制(コアタイム13:00~16:00)
  • 休日:月8日休み+半期ごとに8日ずつ
  • コミュニケーション力のある方・英語スキルを活かせる厚生労働省への薬事申請のお仕事です。
引用元:ヤクジョブ(https://yaku-job.com/)

製薬会社での薬剤師の求人っていったいどんなものがあるの?

薬剤師の方ならやはり「製薬会社に勤めたい!」という方も多い方と思います。なので今回は製薬会社での研究職と開発職について説明したいと思います。

薬剤師 製薬会社

研究職の仕事内容と転職の際に必要な条件

まず最初に研究職から説明したいと思います。研究職とは病気の治るメカニズムを研究して新薬開発のための創薬の研究・申請用のデータを集めるための非臨床実験(ラット実験など)を行い、薬を製造するための様々な研究を行います。

しかし、この仕事は研究に数100億円のお金が掛かることや、責任が問われる仕事であるのでかなり狭き門であるといわれています。学歴も一流大学卒で博士号、又は修士号を取得していないと難しいといわれています。また、年齢も20~30代の若い方が有利です。40代から研究職へ転職することも可能ですが、殆どが前職でかなりの実績を挙げていないと厳しいでしょう。そして気になる年収ですが、800万円~1000万円など、高く設定されています。

開発職の仕事内容と転職の際に必要な条件

開発職とは、研究所から提示された化合物の臨床試験を統括・担当するのが主な仕事内容です。新薬を厚生労働省に許可してもらうために、研究段階で作られた薬品を実際に人に投与し、その安全性や有効性などを分析・評価するのが開発職の役割です。臨床試験自体は製薬会社では行わず治験実施計画書を作成し大学病院など他の医療現場に治験を依頼して協力を仰ぎながらデータを集めて開発及び、厚生労働省に送る新薬の承認申請書の作成等を進めていきます。この際多くの医師や看護師等と接する機会があるので、コミュニケーション能力も問われる職であるといえます。

この開発職は研究職よりも少しハードルは下がりますが、それでもやはり修士卒を求められるケースがかなり多いです。

最後にこの2つはとても求人数が少なく、また非公開の案件がほとんどなので1人で探すとなると干草の中から針を探すような思いで探さなければなりません。なので本気でこの2つの職のどちらかに就職・転職を考えているなら、薬剤師専門の転職エージェントに求人を探してもらうことをオススメします。

薬剤師 求人
  • 勤務地:北海道 北見市
  • 給与:年収 400万円〜500万円
  • 勤務時間:月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 08:30〜17:30
  • 休日:完全週休2日制(土曜・日曜・祝日)
  • 薬剤師手当て・住宅手当有り!豊かな自然に囲まれた場所での製造管理のお仕事です。
引用元:ヤクジョブ(https://yaku-job.com/)

上手に探せば薬剤師も土日休みや残業無しの求人も!

薬剤師 土日休み

薬剤師の方は土日に休みを取るというのは、その職業柄難しいです。友達と休日にご飯や買い物に行ったりなんて事もままならないです。でも結婚等で生活環境が変わり「家族との時間を増やしたい」という方はやはり土日休みの求人を探している方も多いでしょう。ではどのような職場が土日休みを取れるのでしょうか?

調剤薬局だと、マイナーな街の小さな調剤薬局な土日休みを取るのは場所によっては可能だと思います。最近では、クリニックも土日に診療を行っているところも多く、それに合わせて土日も営業を行うため、クリニック近くの調剤薬局は土日に休みを取るのは難しいでしょう。病院薬剤師の場合はシフト制で動いていることが多いので、必ずではありませんが事前に休み希望を出していれば土日に休みを取れる職場ではあります。

ドラッグストアに関しましてはその性質上定休日なども無いところが殆どなので土日休みは難しいかもしれません。ではどのような職場が土日休みをとれるのでしょうか?

薬剤師として土日休みの職場をさがすなら公務員として働くという方法があります。公務員の薬剤師というのは官公庁勤務や街の保険所などになります。他にも企業勤務という選択肢もあります、ドラッグストアや調剤薬局に比べると入るのが難しいですが土日休みの企業はとても多いです。ただ業務内容としては医薬品の安全性の説明や情報アドバイスなど一般の薬剤師とは少し違った営業職のような業務になるのでそこは注意しましょう。また、管理薬剤師として製薬会社の配送センターに勤務する商品管理業務もあります。

資格一つで働き先がこんなにあるのも薬剤師の魅力ですね。しかし、「必ず土日休みの職場を探すのは少し難しい何かもっと簡単な方法はないか?」と思っている方に、薬剤師専門の転職サイトを利用するのがいいでしょう。「やっぱり公務員や企業の業務ではなく一般的な薬剤師の仕事がしたい!でも土日で休みが欲しい、、、」と考えてる方は特にです。始めの方に書いていた土日休みが難しいといった職場でも転職サイトを使えば希望にあった条件を探すこともできますし、登録も簡単ですぐ終わるので一度覗いてみてはいかがですか?

薬剤師 求人
  • 勤務地:岐阜県 高山市
  • 給与:年収 340万円〜550万円
  • 勤務時間:月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 09:00〜18:00
  • 休日:完全週休2日制(土曜・日曜・祝日)
  • 薬剤師の知識を活かせる!DI業務・品質管理・PMS業務のお仕事です。
引用元:ヤクジョブ(https://yaku-job.com/)

薬剤師が不足っていったいなんで?

薬剤師 不足

昨今、医療業界では人材の不足が問題になっています。看護師や医師そして薬剤師もその問題の対象になってきています。さて、その薬剤師の人材不足は何故起きてしまったのでしょうか? その原因の一つの要因となっているのが、平成18年度に施行された改正学校教育法です。この事もあり従来4年制だった薬学部が6年制に変わった事で新しい人材が世にでない2年間が生まれてしまったのです。このことにより人材の供給が一度止まってしまいました。

平成24年度にやっと新しい薬剤師が社会に出ることになりましたが、大きな病院や大手製薬会社に就職してしまったこともあり、調剤薬局やドラッグストアでは依然、人材の不足は解消されませんでした。しかし、この改正は薬学部の新設にも繋がり、今後の薬剤師の人材不足解消になるのではない方という見方もありました。

その見方が当たったのか現在では登録薬剤師数も増え人数は増えましたが、大型スーパーの薬局や大手ドラッグストアの店舗増大、在宅医療や訪問介護における薬剤師の必要性が最近重要視されるようになったため薬剤師の需要は今だ止まることはありません。

その他にも問題はあります。それは結婚などを理由に辞めてしまった女性薬剤師が育児などにより復帰したくてもできずにいる、仕事にブランクのできてしまった、「潜在薬剤師」というものです。

最近では人材の不足もあり、この潜在薬剤師獲得のため調剤薬局やドラッグストアが、ブランクのできてしまった方のための研修を行っているところもあります。このため、ブランクができてしまった薬剤師の方にも働きやすい環境が生まれましたので「ブランクが少し心配……」と思っている方も安心して働くことができます。

こうしてみても、幾ら薬剤師の数が増えているといってもまだまだ薬剤師は不足しています。しかし、逆に言ってみれば働き先も多く、自分の希望にあった職場を探すチャンスが多いと考えたほうがいいかもしれません。

病院や調剤薬局・ドラッグストアなどは今だに優秀な人材を欲しがっていますから、今が転職・就職に一番向いている時期なのです。遅くなってしまうと薬剤師の数は、増加の傾向にありますから時期を逃してしまうと転職や就職がフリになってしまいますよ。

薬剤師 求人
  • 勤務地:埼玉県 所沢市
  • 給与:年収 264万円〜
  • 勤務時間:月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 09:00〜16:00
  • 休日:【完全週休2日制】土曜・日曜・祝日
  • 未経験・ブランクのある方もOK!企業内管理薬剤師のお仕事です。
引用元:ヤクジョブ(https://yaku-job.com/)

薬剤師の方が転職を決める理由

薬剤師の方が転職をする理由は様々だと思います。今やっている仕事と収入が見合っていない・対人関係が上手くいかない・休みを増やして好きなことに時間を割きたい等、色々あると思います。 ですからあなたの条件に見合った求人情報を探して賢く転職するなら私たちは薬剤師ナビをオススメします。

薬剤師ナビに登録して高収入の求人情報を検索

薬剤師ナビのオススメするポイントは大きく3つあります。まず一つ目は、他社よりも3倍もの非公開求人が閲覧できるというものです。これは従来の転職サイトとは違い薬剤師ナビに登録する事で提携している3社の非公開求人が見れるため可能になっていますなので他社よりも3倍の求人があるのですからあなたにピッタリの求人案件があるのも間違いありません。

2つめは専任のスタッフが3人も就くということ!これはどうゆうことかと言うと前にも書いたとおり薬剤師ナビは3社と提携しているため1社から1人ずつあなたに選任のスタッフが就くということです。なのでちょっと難しそうな条件でも3人の選任スタッフがいますからあなたにピッタリの案件を探してきてくれること間違い無しです!!

最後に3つめのポイントは登録が簡単という点です。意外と登録って億劫になってしまいますが薬剤師ナビはわずか2分で登録が可能です、しかも登録作業は1回のみ!!なのですぐに非公開の求人を見ることができます。

この3ポイントだけでも気になったらまずは登録してみてはいかがでしょうか?あなたの求める求人案件を探してみてください。

主な薬剤師転職エージェントの紹介

今回は薬剤師の求人サイトについてご紹介していきます。

よろしくお願いします。

現在、薬剤師の転職支援サービス及び求人サイトというのは、数百以上存在しています。

そんなにあるんですね!

はい。その中の多くは、わずかな数の求人情報しか載っていなかったり、看護師や介護職の人材紹介・転職支援を中心として

片手間でやっている程度の転職サイトが多いのが実情です。

ですから、本当に好条件で、すぐに転職したいとお考えの薬剤師さんに役立つサービスは数えるほどしかありません。

そうなると何処を利用すればいいかわかりませんね...

そこで今回は、医療転職スクエアが、胸を張ってお勧めできる、薬剤師の求人サイトをいくつかご紹介していきます。

小規模の薬剤師転職支援サイトに関してもそれぞれに魅力がありますので、できるだけ多くご案内していきます。参考になれば幸いです。

よろしくお願いします。

まずは、ファルマスタッフ。こちらは東証一部上場日本調剤グループが運営しているサービスです。

常勤及び非常勤の求人に特化してるのはもちろんのこと派遣の薬剤師においても手厚いサービスが魅力となっています。

派遣の薬剤師さんに対しても厚生年金健康保険の適用はもちろん有給の適用もされておりますしつるから産休育休も手厚く乗っております。

派遣の方でも福利厚生があるんですね!

また、復職される農産薬剤師に対しては薬剤の知識薬服薬指導のノウハウそれから保険点数の付け方など最新の情報を学ぶことができるよう

eラーニングであったりセミナーのサポートもしているのでブランクが心配な場合でも、安心して派遣登録いただけます。

ブランクのある薬剤師さんは結構いらっしゃいますからね。

派遣の求人も時給3500円から4500円まで様々な好条件案件があります。

また、パートの場合は時給2500円から3500円ほど。常勤としてお勤めした場合、年収で600万円

管理薬剤師さんの場合は、800万円から900万円以上の高年収案件も多数取り扱いしております。

派遣から正社員、パートと色々な求人があるんですね!

続きまして、メディウェルが運営する薬剤師転職ドットコム。こちらは3人に2人が非公開求人によって転職成功しているサイトでございます。

求人紹介の流れとしてはまず、午後6時にコンサルタントからの連絡があり、給与や勤務条件、通勤時間に関しての 一人一人の希望を聞き

今まで積み上げてきたキャリアや院内の環境人間関係等を踏まえて、最適な求人をご案内致します。

今の状態を踏まえて一緒に職場を探してくれるのはかなり嬉しいですね。

転職サイトを活用することによって、職場側との日程調整も含め、条件交渉も専属のコンサルタントに行って頂けるので

なかなか言い出せないけれど重視したい、退勤時間であったり希望勤務曜日を企業側に角なく伝える事が出来るので、安心、そして無理なく勤務ができます。

これなら、わだかまりもなく、求職者も企業側もお互いが納得して良い関係を築くことができますね。

メディウェルを使って転職した薬剤師さんの実例ですが

調剤薬局に年収550万円でお勤めの方が、年収680万円の管理薬剤師として転職し年収130万円アップするようなこともあります。

この年齢層で言うと、40代後半また50代前半の薬剤師さんにおいても、同水準の年収アップの事例が多数あります。

年収も上がれば、同時に生活水準を上げる事もできますね!

続いてご紹介するのは、リクルートグループが運営するリクナビ薬剤師。こちらは非公開求人数が他の転職サイトと比べて多いところが魅力です。

なので、希望の条件を満たした形で勤務いただける可能性が最も高い転職サイトであると言えます。

医療転職スクエアから、こちらに登録いただいた薬剤師さんの話によると登録から3日で転職先が決まったという声も受けています。

登録から3日ですか!かなり早いですね!

まず、お電話やメールで連絡を頂き、その際に希望条件をお伝えすることですぐに回答する案件の案内をいただけます。

なので、「今すぐ働きたい!」「すぐに転職したい!」という方はもちろん

どういう求人があるのか教えて欲しいといった情報収集ニーズのある薬剤師さんにとってもおすすめの転職サイトとなっています。

いくつか求人をみて、どんな求人があるのかは気になりますからね。

特にドラッグストアで働きたい、あるいは大手の調剤薬局で働きたいという薬剤師さんにオススメです。

最後はエムスリーグループのエムスリーキャリアが運営する薬キャリです。

こちらは、約4万件という公開求人と提携している人材紹介事業者の圧倒的多さが魅力となっています。

4万件ですか!?薬剤師だけでもそんなに求人ってあるんですね!

全国各地の薬局の知識に精通したエージェントから紹介を受けられるため、他社ではなかなか案内してもらえないような案件も閲覧することが可能です。

また、派遣の求人取扱数も日本全国で最多クラス。時給4500円から5,500円ほどの超高時給の案件まで取り扱っています。

最も、これほど高時給の案件というのは「土曜日のみの勤務」と限られているケースが多いのですが

土曜日のみでもかなりの収入にはなりますね。

薬キャリは、1日3時間、週2日程の勤務を希望している育児中のママさん薬剤師

或は、16時までの週5日、平日のみの勤務を希望している、ある程度お子さんが大きくなった薬剤師さんであったり

高時給・高年収・高待遇で働きたいとお考えの転職希望の薬剤さんに対してもお勧めしております。

4万件も求人があれば自分の希望にあった求人を見つける事が出来る可能性も高いですね!

利用者満足度も非常に高いので是非、こちらの転職サイトにもご登録いただくことをお勧めしています。

そういえば、利用するサイトって一つに絞った方がいいんでしょうか?

いえ、一つに絞らずできるだけ、何社かから情報を得られるようにしておくことが大事です。

複数社登録を行い、より多くの情報を集めることをお勧めします!

より多くの情報をですね!わかりました!

今回はご覧になって頂きありがとうございました。分からないことがあれば、いつでもフォームよりお問い合わせくださいませ。